ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ソリューション・サービス > 事例紹介 > MARUCHAN, INC.様

資料請求・お問い合わせ

ページ共通メニューここまで。

2分で分かる導入事例

  「マルちゃん」ブランドとして、多くの日本人に親しまれている東洋水産株式会社様の即席麺。そのブランドは日本国内にとどまらず、着実に世界へ拡がっています。1972年、米国カリフォルニア州に設立された MARUCHAN, INC. 様では、1976年から現地生産の即席麺の販売を開始し、現在ではトップシェアを獲得するまでの成長を遂げています。NECは、2000年から同社の情報戦略パートナーとして、基幹システムの構築を支援。そこで培った経験とノウハウをベースに、2008年10月にはSAP ERPのビッグバン導入を果たし、新たな成長基盤の確立に貢献しています。

導入背景・課題

  商習慣や流通機構が日本とは大きく異なる米国では、ブローカーと呼ばれる業社がメーカーのプロモーション活動を代行します。そのため、メーカーにとってプロモーションコストの的確な管理は、顧客・商品別の損益を把握する上で重要な要件となっています。
MARUCHAN, INC. 様では、市場の変化に柔軟で強固な経営基盤を模索していました。基幹システム再構築の検討に当たっては、その「あるべき姿」として、1.顧客別・商品別損益の把握・分析(プロモーション管理の「見える化」)、2.RFIDをはじめとする新たな顧客要件に対応できる、柔軟で拡張性があるシステム基盤の実現、3.日本版SOX法(金融商品取引法)への対応を踏まえた内部統制基盤の整備・確立、の3つが大きな目標として掲げられました。

導入成果

NECの提案

導入製品・ソリューション

事例詳細ページへ>>


1 | 2

(2009年3月19日)

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る


Copyright NEC Corporation. All rights reserved.