ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ソリューション・サービス > 事例紹介 > 理想科学工業株式会社様

お問い合わせ

ページ共通メニューここまで。

2分で分かる導入事例

  以前より3次元設計によるフロントローディングを推進してきた理想科学工業様。しかし、PLMの製品構成、部品情報、2次元図面(TIFFデータ)などの「正式データ」と、3次元CADデータは別々に管理していました。そのため、3次元CADデータと「正式データ」の両方を扱わなければならない設計者の手間、製品構成や部品情報の変更漏れによって生じる2つのデータの不整合、設計業務の手戻りなどが問題となっていました。そこで、設計部門向けに3次元データ管理用のPDMを導入し、正式データやBOMを統合管理するPLMと連携。

  3次元設計データと全社共有データを連動。両者の不整合を防止した上、他部門のメンバーに3次元ならではの詳細な情報を素早く提供することで、設計者の作業負荷軽減、開発スピード向上を実現しています。

導入背景・課題

導入成果

NECの提案

導入製品・ソリューション

事例詳細ページへ>>


1 | 2

(2010年9月30日)

お問い合わせの本文には必ず「3次元CAD設計」または「ObbligatoII」という言葉を入れてください

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る


Copyright NEC Corporation. All rights reserved.