[NEC Corporation.]
平成12年2月14日

日本電気株式会社

住友生命から「Windows[resist]2000 Professional」搭載のモバイルノートパソコン6万台を受注

〜「Windows 2000 Professional」を導入したシステムとしては世界最大規模〜


NECはこのたび、住友生命保険相互会社(社長:吉田 紘一、本社:大阪府大阪市北区、以下 住友生命)から、同社の営業活動を支援する次期営業用携帯端末として、「Windows[resist] 2000 Professional」(注)を搭載したモバイルノートパソコン6万台を受注いたしました。

住友生命が導入する、次期営業用携帯端末をはじめとする新ネットワークシステム全体の構築費用は約250億円であり、稼動開始時期は平成13年3月からを予定しております。また、「Windows 2000 Professional」を導入したシステムとしては、現時点での世界最大規模となります。

住友生命が利用している現行システムでは、顧客管理や保険設計書作成、既契約照会、申込書作成、契約成立処理などを営業拠点内に設置した業務端末で行い、さらに外出先ではPDAタイプの携帯端末で保険試算などを行っております。

このたびの新システムでは、全ての営業職員が、外出先に携行するモバイルノートパソコンを利用して、あらかじめ入力した顧客情報に基づいて、適切な保険商品の提案やライフプランの相談などを、パソコンのプレゼンテーション機能を利用してより効果的に提供することが可能になります。さらに、拠点内では申込書作成、保険契約の成立処理、既契約照会などを行う業務端末としても利用し、業務処理の効率化を図ることが可能となります。

新システムの構築概要は以下の通りであります。

  1. 業務基盤システムやネットワークシステムなどの基本システム開発を住生コンピュータサービス株式会社(社長:藤丸耕治、本社:大阪府大阪市淀川区、以下住生コンピュータサービス)およびNECが行う。また、NECの業務システム開発ツール「Holon Enterprise」などを利用して、住友生命が業務システムを開発し、その支援をNECが行う。

  2. 「Windows 2000 Professional」を搭載した、住友生命向けの専用モバイルノートパソコンの製造をNECが行う。同パソコンでは、パソコンの起動に必要なIDとパスワードを格納した「USBキー」などのセキュリティ機能、営業業務の利便性を高めるためのペンタッチ入力機能や画面反転機能などの独自機能を採用している。

  3. 住友生命の営業拠点2000ヶ所に対するモバイルノートパソコン6万台の導入作業を住生コンピュータサービスおよびNECが行う。導入開始時期は平成13年3月を予定しており、順次稼動させる。また、モバイルノートパソコンを含む関連機器の運用、保守もNECが行う。

近年、生命保険業界における商品・価格競争の激化や、アカウンタビリティ・ディスクロージャー充実の社会的要請などにともない、営業職員のコンサルティング能力の向上が急務となっております。

このたびNECは、このような生命保険業界に対応し、顧客に対するサービスレベルをさらに高めるための営業支援システムの構築を住友生命から受託いたしました。その中核を成すものが、営業職員に配備する「Windows 2000 Professional」を搭載したモバイルノートパソコンであります。これにより、住友生命では営業職員のコンサルティング能力の向上を図るとともに、効果的なプレゼンテーションを行い、顧客満足度の向上を実現できると考えております。

NECでは、インターネットサービス「BIGLOBE」を中核とした事業展開を推進しており、パソコンを個人とインターネット社会の窓口となるものとして位置づけております。モバイルコンピューティングをはじめ、企業における個人の増力化を実現するため、NECでは今後も、業務内容にあわせた専用パソコンの提供に積極的に取り組んでまいります。また、このたびの大規模な営業支援システム構築の実績を活用し、生保業界のみならず、損保や証券などの金融機関や他業種向けの ソリュー ションを提供いたします。

このたびの住友生命による「Windows 2000 Professional」搭載パソコンの大量導入に関して、「Windows 2000 Professional」の発売元であるマイクロソフト株式会社では、以下のようにコメントしております。

「今回、住友生命が6万台という大量なパソコンを導入するにあたり、そのクライアントOSとして、Windows 2000 Professionalを採用いただき大変嬉しく思います。また、その専用モバイルノートパソコンの製造をおこなうNECにも感謝いたします。今回の「Windows 2000 Professional」の採用は、クライアントOSとしての堅牢性・信頼性・拡張性の高さに加え、モバイルノートパソコンの最新機能を最大限に活かせる事ができることが、外出先に携行する営業職員向けのニーズに最適であると判断されたものだと考えています。当社としても、今回のシステムの正式導入・稼動に向けて全面的に支援していきます。」

以 上


(備考) Windows 2000 Professionalについて

正式名称:
「Microsoft Windows 2000 Professional」日本語版で、2月18日(金)に発売開始されます。Windows 2000 Professionalは、Windows NTの持つ堅牢なアーキテクチャと、Windows 98の優れた操作性を統合させ、デスクトップ、モバイルコンピュータが持つ真価をあますことなく発揮させることができるよう開発されました。Windows 2000では、コンピューティングに求められる「業務を支える高い堅牢性」、「企業や個人の資産を保護するセキュリティ」、「競争力を維持するコストバリュー」、および「使いやすさと高い生産性」を、ユーザーの声をもとに改良をおこない、さらに先進性をも兼ね備えることにより、あらゆるニーズに対応できる新世代のコンピューティングの基盤を提供します。

(注) Microsoft、Windows、Windows NTは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。


個人情報保護   ご利用条件   お問い合わせ

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.