NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース

AtermIWX70の主な機能


 1. 省スペース設計「新スッキリコネクトボディ」

電話機や省スペースパソコンの隣りなどの、限られたスペースへの設置に最適な、新発想の省スペースデザインを採用しました。回線や電話機ケーブルは背面の最下部に接続し、余分なスペースを取るパソコン接続ケーブルも邪魔にならないように考慮。電話の置き台などに最適に設置ができる省スペースを実現します。

 2. バックライト液晶ディスプレイ搭載

バックライトを備えた見やすい液晶ディスプレイを搭載。わかりやすいピクトグラム(絵文字)と12文字×2行(ANK表示)の表示により、通信状況、着信した履歴などが一目瞭然です。

 3. 簡単接続で費用を節約するDSU内蔵

ISDNに必須のDSUを内蔵。取付工事が自分で簡単にできるだけでなく、DSU購入費用(NTT購入時19,700円)や取付工事費(約2万円)を不要にします。

 4. 多彩な転送を容易に利用できる「でかけるボタン」採用

外出の際にワンタッチで多彩な着信転送の設定が可能。着信転送設定では「INSボイスワープ」「NTT着信転送(フレックスホン)」や「INSナンバー・ディスプレイ」により転送者を予め限定しフレックスホンの契約を節約できる「疑似着信転送」が選べます。また、「遊遊メール」を使用することで、着信転送では困難な発信者の電話番号を電子メールとして携帯電話・PHSへ通知する「電話番号着信通知」や、電話の呼び出しを行わない「おやすみ着信」「フラッシュ着信」も利用できます。 (注1)

 5. 幅広いOSに対応したUSBポート

Windows98 Second Edition/Windows98/Windows2000搭載パソコン及びMacintosh(MacOS8.6J/9.0J)のUSBによる接続が可能で、幅広いOSに対応しています。パソコンとはUSBならではのスリムなケーブル接続ができ、容易にISDNによる128キロビット/秒通信のベストパフォーマンスの実現ができます。

 6. 高性能アナログポート搭載

電話やファクシミリ、パソコン内蔵モデムなどが接続できる、2つのアナログポートを装備しています。48V給電/極性反転に対応し、各ポート間での内線通話や内線転送が可能です。また、各アナログポートは、それぞれ3台までのブランチ接続を可能とする回路を採用。ブランチ接続された親子電話や宅内配線をそのまま利用することや、各ポートにブランチ接続することにより最大6台のアナログ端末を接続できます。

 7. フラッシュROM採用によるバージョンアップ対応

書換可能なフラッシュROMと添付のユーティリティソフトにより、初心者でも簡単にオンラインバージョンアップが利用できます。 (注2)

 8. 停電モード搭載

アルカリ単三乾電池(4本)および専用Ni−Cd充電池(オプション)による電話Aポート、データポート、S点ユニット(オプション)の停電バックアップ機能を搭載。

 9. バス接続によるTA増設に対応

オプションのS点ユニットを収容することにより、バス接続によるTAの増設設置が可能です。またS点ユニットを装着することで、内蔵のDSUを切り離した利用が可能です。

10. Atermワイヤレス子機(リモートステーション)収容

ワイヤレス子機として、RS20やRC45が最大6台まで増設登録することができます。 (注3) (注4)

11. PHS電話機収容

市販のPHS電話機を最大6台までコードレス子機として登録可能。外線への発信はもちろん、ダイヤルインやフレックスホンの利用や、子機間の内線通話にも利用できます。従来の自営2版対応だけでなく、自営標準3版対応のPHS電話機を収容することができます。 (注5)

12. 配線レスで最高64キロビット/秒の高速インターネット接続

パソコンと回線が離れた部屋にある場合でも、ワイヤレス子機にパソコンを接続しIWX70にISDN回線をつなぐことで、無線区間が64キロビット/秒によるインターネット接続が可能です(デュアルリンクワイヤレス通信)。 (注6)

13. BOD対応の最高速128キロビット/秒マルチリンクPPP通信

ISDNの2本のBチャネル(64キロビット/秒)を束ねて、128キロビット/秒通信を行うマルチリンクPPP通信機能を搭載。さらに、128キロビット/秒通信中でも、アナログポートへの発着信があると、自動的に64キロビット/秒通信に切り替える「リソースBOD(バンド・オン・デマンド)」とデータ量に応じて切り替える「スループットBOD」の2つのモードも装備しています。 (注7)

14. 2台のパソコンから同時にインターネット接続ができるITMUX通信

IWX70と増設子機登録済みのリモート子機にそれぞれ接続された2台のパソコンから、同時に64(または128)キロビット/秒によるインターネット接続が可能。それぞれのパソコンからはダイヤルアップに見えるため、特にLANの知識もLANボードも不要。
NTTの「IP接続サービス(仮称)」を利用した常時インターネット利用も容易に実現可能。 (注8)

15. 別々の2つのプロバイダへ同時にインターネット接続ができるマルチアクセス通信

IWX70と増設子機登録済みのリモート子機にそれぞれ接続された2台のパソコンから、別々のプロバイダへ同時にインターネット接続ができるため、家族で別々なプロバイダ契約を行っている場合や、ネットワークゲームを楽しみたい場合でも、特別な設定をすることなく、通常のダイヤルアップ接続をするだけで容易に利用することができます。 (注9)

16. PHSによる64kワイヤレス・データ通信対応

PIAFS2.0/2.1版準拠により、ノートパソコンやPDAなどをPHS電話機と接続することでIWX70経由による64キロビット/秒通信による通信ができます。これにより、外出先で利用しているデータ端末を、屋内では通信料金の安いISDN回線経由で利用することができます。特にPIAFSによる32キロビット/秒通信時ではV.42bis圧縮方式に対応しているため効率のよいデータ通信が可能です。

17. ワイヤレス子機、USBポート/シリアルポート間による内線のPCネットワークを実現

ワイヤレス子機、親機のUSBポートとシリアルポートに接続したパソコン間による内線データ通信が可能です。IWX70を中心としたファイルやプリンタの共有を実現するWindowsOSによる簡易的なPCネットワークが構築できます。 (注10)

18. 充実のアナログポート機能

2つの電話番号を持つことで着信呼びわけができる「i・ナンバー」、「ダイヤルイン」サービスの契約を1つ節約できるグローバル着信選択、「フレックスホン契約」を節約する疑似フレックスホン(疑似キャッチホン、疑似着信転送、疑似三者通話)など、多彩なアナログポート機能を利用できます。また、親機子機ともアナログポートへ接続したナンバー・ディスプレイ対応電話機に着信した時の電話番号を表示させることができます。着信では本体のディスプレイに相手電話番号と時刻を表示するとともに、着信履歴として50件まで記憶し折り返し発信に利用するなど、ナンバー・ディスプレイをフルに活用できます。さらに、ダイヤルイン番号毎の呼出ポート設定や、アナログポートへのダイヤルイン信号(モデムダイヤルインも対応)の送出などの、きめ細かな設定をすることができます。 (注11)

19. 電子メール着信通知サービスに対応

IWX70だけではなく、リモート子機がRS20ならメッセージ(MSG)ランプの点滅で電子メールの着信を知らせる電子メール着信通知機能が利用できます。メールの到着が、アクセスせずに判るので、メールの受け渡しが確実な上に、経済的です。パソコンの電源がオフでも着信表示ができます。BIGLOBE側による通知であるため、ダイヤルアクセスが必要ないため、確認の為だけの通信料金が掛からず、またメールの到着毎に通知があるため、到着に対してのレスポンスが良くなります。
また、専用ユーティリティソフトを利用することで到着しているメールの相手先やサブジェクトを確認することもできます。 (注12)

20. 0.4円で漢字約50文字までのショートメッセージ通信ができる「UUIメール」と「遊遊メール」

INSネット64のUUI(ユーザ間情報通知サービス)を利用し、Aterm間で1回0.4円で、100バイト(漢字50文字)までのショートメッセージをおくることができます。さらに、「遊遊メール」を利用する事で、Aterm同士の通信に加え、パソコンや携帯電話・PHS、ポケットベルへも電子メールとして、パソコンからショートメッセージを送信することが可能です。 (注13)

21. 電話機でショートメッセージ通信。「テレホンUUIメール」と「テレホン遊遊メール」

パソコンを使わないユーザでも、電話機からフリーワード入力の要領でショートメッセージの発信ができます(テレホンUUIメール)。最大100バイトが送れ、料金は1回わずか0.4円です。さらに、「テレホン遊遊メール」では、Aterm同士の通信以外に、パソコンや携帯電話・PHSなどへ電子メールの形式でショートメッセージ通信を行うことができます。 (注13)

22. インターネット設定も対話形式。初心者に優しい「セットアップガイド(MOVIE)」と「らくらくアシスタント」

添付のCD−ROMをセットし、「セットアップガイド(MOVIE)」により、接続方法と設定を音声と映像を使ってガイド。また、「らくらくアシスタント」では、説明に従ったUSBの組込みや、電話機を接続するアナログポートの基本設定、インターネットの設定、プロバイダ(BIGLOBE)の加入までも簡単に行うことが出来ます。さらに子機側のRS20またはRC45から、親機のIWX70の設定も可能(Windows)であるため、親機に電話機しか取り付けない場合でもパソコンを使った設定が可能です。

23. らくらくテレホン設定

アナログポートに接続した電話機からアナログポートの設定が可能です。設定内容をLCDで表示させ確認することができますので、パソコンを立ち上げる必要がありません。

24. その他

NTTが提供する「フレックスホンサービス」と「INSボイスワープサービス」に対応し、NTTの付加機能サービスが使えます。非同期モードによる最高57.6キロビット/秒の通信機能もサポート。また無用な通信をカットする「無通信監視タイマ」「強制切断タイマ」「非同期/同期自動判別着信」「応答平均化」などの便利な機能を満載しています。


(注1) 一般加入者回線からの発信者電話番号情報を表示・利用するには、NTTの「INSナンバー・ディスプレイ」への申し込みが必要(有料)。またBIGLOBEの「遊遊メール」サービスへの申し込みが必要です(有料)。
(注2) 将来実現するすべての機能をバージョンアップとして保証するものではありません。
(注3) ワイヤレスセットでは、予めRS20またはRC45が無線Aポートとして増設子機登録済みです。
(注4) ワイヤレス子機/PHS電話機による64キロビット/秒通信は、同時に1台のみ利用可能です。
(注5) PHS電話機により、収容できない場合があり、また使用できる機能が異なります。登録収容できるPHS電話機は、ホームページAtermStationにて順次公開致します。子機の追加登録にはNECサービスステーションまたは販売店によるID登録(有償)が必要です。販売店によっては受付していません。
(注6) デュアルリンクワイヤレス通信は、NEC独自方式です。
(注7) 128キロビット/秒通信を快適にお使いいただくには、パソコンのシリアルポートが230.4キロビット/秒以上である必要があります。
(注8) ITMUXで接続を行っている場合は、他のパソコンの通信状態により、1台で接続しているときよりも通信速度が遅くなります。またITMUXで複数のメールアカウントを利用するには、1IDに対して複数のメールアドレス(追加アカウント)が利用できるプロバイダ契約を行ってください。ネットワークゲームなど一部のインターネットアプリケーションでは同時使用ができない場合があります。
(注9) マルチアクセスを利用の場合は、電話の発信・着信ができません。
(注10) Windows2000/98/95が持つダイヤルアップによるサーバ機能を使用します。
(注11) 一般加入者回線からの発信者電話番号情報を表示・利用するには、NTTの「INSナンバー・ディスプレイ」への申し込みが必要(有料)。
(注12) このサービスの利用にはBIGLOBEへの加入と申し込み(有料)と設定が必要です。また、特定の相手からのみ通知するなどきめ細かい設定が可能です。
(注13) 「遊遊メール」サービスを受けるにはBIGLOBEへの加入と申し込み(有料)と発信者番号通知が必要です。相手アドレスを含め98バイト(漢字49文字相当)の送信が可能です。



本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002