NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース

「μPD77115」の主な仕様


1.インストラクション・サイクル 最高13.3ns(75MHz動作)
2.内蔵命令RAM 11.5Kワード×32ビット
3.内蔵データRAM 32Kワード×16ビット
4.累乗算器 16ビット×16ビット+40ビット
→40ビットの演算を13.3ナノ秒で実行
5.汎用ポート 8本(入出力プログラマブル)
6.シリアル・インタフェース 1チャネル(オーディオ・コーデック接続用)
7.ホスト・インタフェース 1チャネル(16ビット・パラレル)
8.タイマ 1チャネル(16ビット分解能)
9.SDメモリカード・インタフェース 1チャネル
10.割り込みコントローラ 12チャネル(内部要因8チャネル、
外部要因4チャネル)
11.動作周波数 最大75MHz(2.5V動作時)
12.クロック逓倍回路 内部で高速なクロックを生成することにより、動作周波数を外部から供給されたクロックの2〜16倍とすることが可能(周波数の倍率の設定は外部端子による)
13.パワーダウン機能 HALTモードおよびSTOPモード
14.電源 2電源方式(DSPコア用電源2.5V、
I/Oインタフェース用電源3V)
15.動作電圧 2.0V〜2.7V *1 (DSPコア)
2.7V〜3.6V(I/Oインタフェース)
16.プロセス 0.25μmCMOS
17.パッケージ 80ピンFBGAパッケージ
(9mm 0.8mmボール・ピッチ)
80ピンTQFPパッケージ
(12mm 0.5mmピッチ)


*1: 2.0V〜2.3V動作時の最大動作周波数は50MHz

本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002