NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース

平成12年9月25日

日本電気株式会社

科学技術計算用UNIXハイエンドサーバ「TX7/superdome」の発売について

〜現行機種に比べ2倍の性能向上を実現〜

[HPCサーバ・ファミリスケーラブル・サーバ
TX7シリーズ]
「HPCサーバ・ファミリスケーラブル・サーバ TX7シリーズ」

NEC(NECソリューションズ)はこのたび、 科学技術計算用のUNIX (注1)サーバ「TX7シリーズ」において、新アーキテクチャの採用により、現行機種と比べノードあたりの最大性能を2倍に向上させた共有メモリ並列型スカラサーバ 「TX7/superdome」 (注2)ならびに新製品に対応した新OS 「HP-UX11i」 (注3)を製品化し、本日から販売活動を開始いたしました。

新製品の主な特長は以下の通りであります。

1. 新しいアーキテクチャによる高性能の実現
最新64ビットRISCプロセッサ 「PA−8600」(CPUクロック周波数552MHz、最大性能2.21GFLOPS) (注4)をノードあたり最大64個搭載し、最大性能141.3GFLOPSと現行機種に比べ約2倍の高速演算性能を実現。
新アーキテクチャであるセルベースの クロスバ・バックプレーン (注5)の採用により、十分なクロスバー帯域を確保しているため64CPUにおいてもスケーラブルな性能向上を実現している。

2. 優れた拡張性
最大搭載CPUは64CPU(現行機種と比べ2倍)、最大搭載メモリ容量は256Gバイト(現行機種と比べ8倍)、最大192PCIバススロット(現行機種と比べ7倍)を実現、また搭載CPU数により3種類のキャビネットを提供し、高い拡張性を実現。

新製品の基本システム価格、出荷開始時期は以下の通りであります。

製品名 基本システム価格 出荷時期
TX7/superdome(32way) 2億100万円から (注6) 平成12年12月

NECでは、「TX7シリーズ」全体で、今後2年間で60システムの販売を見込んでおります。

近年、科学技術計算分野では、より高速・高性能で拡張性の高いスケーラブルな計算能力が求められております。特に多数・複合ジョブにおいて高い処理能力(スループット性能)が必要とされる大学計算センター、電力系統シミュレー ションや遺伝子(ゲノム)解析などのスカラ並列型に適したプログラムを利用している公的研究機関、機械設計や電気回路設計のためのシュミレーションを行っている企業の研究開発・製品開発部門などでは高速処理を実現するハイエンドサーバのニーズが高まっております。

このたびの新製品はこうした市場のニーズに応えたものであります。

新製品の主な仕様については 別紙 をご参照下さい。


(備考) 標準価格に消費税は、含まれておりません。

(注1) UNIXは、The Open Groupの登録商標。
(注2) superdomeは、ヒューレット・パッカード社の商標。
(注3) HP-UXは、ヒューレット・パッカード社の商標。
(注4) GFLOPS:Giga Floating-point Operations Per Second、1秒当たり
10億回の浮動小数点演算性能。
(注5) クロスバ・バックプレーンは、セルを相互に接続するクロスバスイッチ。これよりセルの増設にほぼ比例して性能をあげることが可能になる。セルには1ボードあたり、4CPUとメモリが搭載されている。
その他文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標。
(注6) 上記価格に含まれる構成は、16CPU、メモリ8GB。

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

NECソリューションズ スーパーコンピュータ販売推進本部
販売促進部

電話 : (03)3798−9131
E-mail : tx7@sxsmd.ho.nec.co.jp


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002