NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース

平成12年10月25日

日本電気株式会社

無線LAN基地局の最適な設置を支援するWebソリューション「RADIOSCAPE」を開発


NECはこのたび、一般家庭やオフィスでの無線LANシステムの導入に際して生じる不感地帯や干渉などの影響を、Web上に設けた無線環境解析サーバを用いて評価し、無線基地局の最適な設置を支援するWebソリューション「RADIOSCAPE」(ラジオスケープ)を世界に先駆けて開発いたしました。本システムはユーザー宅内の間取りや什器などの配置ならびに無線LAN機器の特性を考慮しながら短時間に通信障害地帯を予測し、その結果をブラウザを介して視覚的にユーザへ提供するものです。これは一般ユーザーが無線LAN機器を導入する際のシステム構築支援ツールとして活用が期待されます。

この「RADIOSCAPE」は、(1) レイラウンチング法 (注1)に基づく電波伝搬解析手法をベースとし、当社独自の高速演算処理技術とチューニングによって高い計算精度と極めて短い計算時間を両立したことで、インターネットを介した多数のクライアントに対して無線伝送特性の解析を実行できる「RADIOSCAPEサーバ」、(2)宅内の間取りや什器、およびそれらの素材などの家屋構成データを入力するエディタ機能、サーバへアップロードする情報ファイル作成機能、サーバの解析結果表示機能を提供する「RADIOSCAPEクライアント」の2つの要素から構成されています。

このシステムを用いると、高精度が得られるとされている従来の イメージング法 (注2)に基づく解析手法では数日を要する無線伝送特性解析を、同等の計算精度を保ちつつ数分以内で実現できるようになり、例えば、一般的な3LDKの家屋に対する計算は数十秒で実行できます。

近年、一般家庭へのインターネットやパソコンの普及に伴って、高速のデータを扱うホームネットワーク導入の気運が高まっています。特に敷設工事が不要な無線LANがコンシューマ市場で急速に普及しており、また性能面でも、2.4ギガヘルツ(GHz)帯を用いた毎秒11メガビット(Mbps)の通信規格IEEE802.11bの標準化により高速化も進展しています。

しかしながら、このような高速の無線LAN機器を一般ユーザーが導入する際、不感地帯や Bluetooth (注3)等他のシステムとの干渉によって生じる通信障害に悩まされるケースも少なくありません。従来は、通信障害を取り除くためには、ユーザーが無線基地局の設置場所を試行錯誤しながら決めるという非効率的な方法が採られていました。また、無線伝送特性を事前に予測するソフトウェア製品も市販されておりますが、価格は数百万円と非常に高価であるため、一般ユーザーが手軽に利用できる環境ではありませんでした。

このたび開発いたしました「RADIOSCAPE」は、専門的な無線伝送技術を持たない一般ユーザーにとって負担となる上記の課題を、インターネットを介する事によって経済的に解消し、無線基地局の最適設置を支援するサービスシステムです。

NECでは、この「RADIOSCAPE」を当社の無線LAN製品を購入されたユーザーへのサポートサービスツールとしてまず運用を開始するとともに、その後無線LANのシステム・インテグレーション事業におけるフィールド解析ツール、あるいは同解析サービスを提供するアプリケーション・サービス・プロバイダ事業へと展開していく予定です。なお本年11月下旬より出荷される、無線LAN対応のターミナル・アダプタ「AtermワイヤレスLAN WARPSTAR」(エータームワイヤレスラン ワープスター)を購入されたお客様の中からモニタを募集し、12月中旬より本システムの試行運用を開始する予定です。

本システムの概要については 別紙 をご参照ください。

以 上


(注1) レイラウンチング法:
送信点から1度だけ等間隔で電波を発射し、各観測地点近傍に到達する電波から、電波伝搬環境を推定する方法。間隔を小さくすることで、精度はイメージング法に漸近する。
(注2) イメージング法:
送信点から複数の観測地点に対して到達しうる全ての電波の道筋(レイ)を厳密に求め、観測地点における電波伝搬環境を推定する方法。
(注3) Bluetooth:
2.4GHz帯域を用いる無線伝送方式。パソコンやその関連周辺機器などをケーブルを使用することなく接続可能。

<本件に関する一般のお客様からのお問い合わせ先>

NECラボラトリーズ 研究企画部

電話 : 044−856−2054(直)
E-mail : koho@cl.nec.co.jp


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002