NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース

平成13年7月16日

日本電気株式会社

最新規格に準拠した低消費電力IEEE1394LSIの発売

NECのOHCI1.1対応Comboチップ
「NECのOHCI1.1対応Comboチップ
PD72873/72874)」

NEC(NECエレクトロンデバイス)はこのたび、消費電力を大幅に低減し、OHCI(Open Host Controller Interface) Ver1.1に対応したPC機器向けIEEE1394 (注) LSI「 PD72873/ PD72874」を製品化し、本年8月からサンプル出荷を開始いたします。

新製品の特長は、以下の通りです。
  1. モバイルアプリケーション対応も視野に入れ、OHCI−LINK(LINK層)とPHY(物理層)とのコンビネーションLSIとして世界最高クラスの低消費電力を実現。

  2. 最新規格であるIEEE1394a−2000及びOHCI Ver1.1に準拠。スムーズな画像やファイルの転送が容易に行えるようパフォーマンスを改善。

  3. PD72873」は2ポート、「 PD72874」は3ポートのIEEE1394インタフェースを搭載し、同一パッケージを実現。

新製品のサンプル価格は「 PD72873」は1500円、「 PD72874」は2000円で、本年9月より月産30万個での量産を計画しております。
IEEE1394高速シリアルバスは、PC機器間、及びPC機器とAV機器の接続に必要不可欠なインタフェースとして現在注目されております。近年、PCにはTV機能やデジタルビデオカメラ(DVC)からの映像のキャプチャーといったマルチメディア機能が付加されており、IEEE1394インタフェースはその重要な要素として多くのPCに搭載されております。

新製品は、新たに以下のような特長を備えております。

  1. 大幅な低消費電力化を実現

    従来の低消費PHYに加えOHCI−LINK部分にも低消費設計を施し、世界最高クラスの低消費電力を実現。従来製品と比較し、通常動作時で約40%、IEEE1394バス上に他のデバイスが接続されていない時で約25%、システムサスペンド時は10%以下に消費電力を削減。これによりノートPCなどバッテリーで動作する機器の駆動時間向上、及びノートPCのIEEE1394ポートの2ポート搭載が可能に。


  2. 最新の規格に準拠

    OHCI規格のVer1.1及びIEEE1394規格のIEEE1394a―2000に準拠。Microsoft社によるソフトウエア提供で標準規格として認知されることになります。また、Microsoft社が提唱するハードウエアデザインガイド(Hardware Design Guide)にも、近い将来OHCI Ver1.1が必須扱いになることが予想されます。NECは、この規格の流れを先取りして製品化。現行規格と新規格双方の環境で動作する製品を提供いたします。


  3. 従来製品との互換性

    新製品は従来製品とほぼピン互換を有しており、大幅な基板設計の変更なしに新製品への置き換えが可能。また2ポート製品の「 PD72873」と3ポート製品の「 PD72874」の間でも1ポート分の信号端子を除いてピンコンパチブルであるため、同一基板でもポート数の異なる製品の設計が可能。
    また、OHCI Ver1.1のドライバがリリースする前も、外付けのEEPROMの設定で新製品を従来規格OHCI Ver1.0モードとして動作させることが可能。

なお、新製品の主な仕様は 別紙 をご参照下さい。


以 上



注:IEEE1394
データ転送、リアルタイム転送機能をサポートした次世代の高速シリアルバス規格であり、デジタルAVや家電機器、パソコンへの搭載が進んでいる。100Mbps,200Mbps,400Mbpsの高速転送能力を有すると共に、plug and play機能を有しており、機器ごとのID設定やターミネータが不要。低価格であり、将来のマルチメディアホームネットワークインタフェースとして期待されている。



<この発表に関するお客様からの問い合わせ先>

NECエレクトロンデバイス 半導体テクニカルホットライン
電 話 (044)435−9494(直通)
FAX (044)435−9608
E-Mail s-info@saed.tmg.nec.co.jp
本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002