NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース

平成13年7月25日

日本電気株式会社

IPv6に対応した小型・高速アクセスルータの発売について

IPv6対応高速アクセスルータ(IX1000シリーズ)
「IPv6対応高速アクセスルータ(IX1000シリーズ)」

NEC(NECネットワークス)はこのたび、IPv6に対応した小型・高速アクセスルータ3モデルを製品化し、「IX1000シリーズ」の名称で本日から販売を開始いたしました。

新製品は、IPv6対応ルータとして実績のある「IXシリーズ」のアクセス系として、「IX5000シリーズ」で定評のある充実したセキュリティ機能やQoS等と連携し、信頼性の高いネットワークを構築できる、中小規模事業所向けの小型・高速ルータであります。本製品によりIP-VPNや各種ブロードバンドサービスの利用も可能です。

新製品の主な特長は以下の通りであります。

  1. IPv6・IPv4のデュアルスタック対応で、IPv6標準機能をサポートしており、既存のIPv4ネットワークを活かしながらIPv6ネットワークに移行できる。

  2. 小型・低価格ながら、今後高速化が進むブロードバンドサービスに対応できる高速転送能力を実現。

  3. PPPoEプロトコル (*注1) を実装しているため、フレッツADSL、光アクセスサービス等の各種ブロードバンドサービスが利用できる。

  4. BRI (*注2) 、Etherなど様々なWANインタフェースをサポートしているため、SOHOから中大規模ネットワークのリモートオフィス用途まで、各種アクセスルータとして使用できる。
新製品の販売価格(標準価格、税別)ならびに出荷時期は以下の通りであり、販売目標としてはシリーズ合計で年間2万台を見込んでおります。

「IX1010」(Ethernet×2ポート) 128,000円(H13年9月末出荷予定)
「IX1020」(Ethernet×2ポート+BRI) 198,000円(H13年12月末出荷予定)
「IX1050」(Ethernet×3ポート) 298,000円(H13年12月末出荷予定)

近年、IPv6を利用した商用サービスが急速に立ち上がってきており、IPv6の膨大なIPアドレスや先進の通信サービス機能が、今後のインターネットを利用したビジネス展開に不可欠なものになりつつあります。
NECでは、このようなニーズを先取りして、はやくからIPv6関連技術の標準化活動に参加する一方、研究開発および製品への導入に積極的に取り組んでまいりました。
2000年10月には、当社のIPv6対応ルータ「IX5000シリーズ」の出荷を開始し、既に先進キャリアや企業ユーザでIPv6による運用が行われております。

NECとしては、新製品を当社のIPv6ソリューションの中でローエンドのアクセス系を提供するためのラインアップとして、幅広いユーザに対して積極的に販売活動を展開してまいります。

新製品の主な仕様については、 別紙 をご参照下さい。

以 上



     (*注1) PPPoEプロトコル: Point to Point Protocol over Ethernet Protocol
RFC(Request for Comments)2516で 定義された標準仕様。国内のブロードバンドインターネットサービスでもこの方式が主流であり、多くのプロバイダが使用。
  (*注2) BRI: Basic Rate Interface
「基本インタフェース」。高速ディジタル専用線 (BRI)専用の回線を施設し、毎月一定の料金で電話やデータ伝送などに利用できる高速ディジタル転送サービスのこと。IX1000では64Kbpsと128Kbpsの伝送速度に対応。



<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

NECネットワークス 国内事業本部企業通信システム事業部
TEL (03)3798−5946(ダイヤルイン)
URL http://ccsd.biglobe.ne.jp/dio/
e-mail datacom@ccsd.ho.nec.co.jp
本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002