NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



次世代営業店ターミナル「N8333」の特長



  1. 世界初のスタンドスキャナの採用

    スタンド型イメージスキャナにより、ターミナルの机上で非接触によるイメージ採取が可能となり、これまでの帳票や伝票の制約を大幅に緩和し、各種媒体のイメージ採取を容易に実現することができる。

  2. 新開発高機能ソフトOCRの搭載

    イメージスキャナで採取したイメージから、文字・数字を認識する高機能ソフトOCRを採用している。これにより、現状のOCR認識では避けられないドロップアウト色による帳票設計の制約がなくなり、自由な色、形の伝票・帳票のOCR認識が可能となっている。また、イメージパターン認識による帳票識別も可能であり、公共料金の納付書などの帳票もOCR認識を行なうことができる。

  3. イメージワークフローの実現

    上記の技術により、現状の事務処理の約4割を占めるといわれる「事務の引き渡し」をイメージ化・自動化し、イメージデータによるワークフロー(イメージワークフロー)を実現している。また、複写伝票枚数の削減、自動ファイリング、後方事務の集中化などにより、「後方事務の無い窓口のみの営業店体制」を実現することができる。

  4. オープンプラットフォームの採用(コストパフォーマンスと拡張性の向上)

    金融業における勘定系・情報系端末には「Express5800シリーズ」をベースとした完全なオープン環境によりシステム構築されており、ハードおよびソフト開発コストを削減するとともに拡張機器の接続、印鑑照会等他のシステムとの連携が容易となっている。また、イントラネット/エクストラネット、既存の汎用データベース等への対応も容易となっている。

  5. 世界最高速プリンタの内蔵

    2ヘッドタイプ(オプション)の印字ヘッドを採用し、二つの媒体を同時に印刷する事により、印字速度:1100cps(550cpsX2倍)、媒体搬送速度:60cm/秒と世界最高速の印字能力を持つ、高速プリンタを内蔵している。また、同時に、コスト削減とコンパクト化も実現している。


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002