NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



フルテレビ画面が表示できる携帯電話用システムオングラス液晶ディスプレイの開発について

2001年10月17日

日本電気株式会社
PHOTO PHOTO

NECはこのたび、携帯電話でのフルテレビ画面表示の実現に不可欠な、システムオングラス液晶ディスプレイの開発に成功いたしました。

今回開発したディスプレイは、(1)高精細液晶ディスプレイと駆動回路を一体形成できるシステムオングラス(低温ポリシリコンCMOS薄膜トランジスタ)技術の開発により、2.6型反射型LCDにカラー画素数360×480、画面の精細度230カラー画素/インチの表示を可能にしたこと、(2)反射板表面に精密に形状制御した凹凸を形成するとともに、反射表示モードに適した液晶セルを新規に開発したことで、明るく高コントラストな26万色の表示を可能にしたこと、(3)共通電極と同じ電圧のデータ信号をいつでも書き込めるパネル構造および駆動回路を用いて低電力化を実現した、独自の部分表示技術(パーシャル表示モード、)を開発し、11%パーシャル表示モードでの消費電力1.7mW(従来比9割減)を可能にしたこと、などにより実現されました。

これにより、(1)今までのモバイル用液晶ディスプレイでは実現できなかった、352×288画素の標準テレビ画面(CIF画像:)とテキスト・インジケーターなどを、画面を分割して同時に表示すること、(2)液晶ディスプレイの周辺部の幅を従来比約5割減と大幅に低減し、携帯電話のような小型筐体での大画面化・高精細化、などが可能になります。

近年、携帯電話の伝送信号量が飛躍的に増大(ブロードバンド化が進展)し、携帯電話で動画像の表示も行われるようになってまいりました。しかしながら、従来の携帯電話用ディスプレイでは、標準テレビ画面の画素数を間引かずに表示できないという問題があります。そのため、高画質なフルテレビ画面と電話機能に必要なテキスト・インジケーターなどを、画面を分割して同時に表示できる携帯電話用ディスプレイの開発が望まれておりました。

NECでは、ディスプレイ技術が次世代のモバイル端末の実現に大きく貢献できると考えているため、本成果の早期の商品化を目指して、研究・開発活動を強化していく計画であります。

なお、NECでは今回の成果を、10月16日から19日まで、愛知県名古屋市の名古屋国際会議場で開催される学会「アジアディスプレイ'01」において、17日に発表いたします。

以上


(注) CIF画像:Common Intermediate Format の画像。

<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>

NECラボラトリーズ 研究企画部

企画戦略グループ

電話 044−856−2054(直)
E-mail koho@cl.nec.co.jp
本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2001