NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



NECとソレクトロン社の製造に関する提携について

2001年10月23日

ソレクトロン コーポレーション
日本電気株式会社

ソレクトロン コーポレーション(本社:米国 カリフォルニア州ミルピタス、会長兼社長兼CEO:コウイチ・ニシムラ 以下ソレクトロン社)と日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:西垣浩司、以下NEC)は、本日、パソコンを除くコンピュータ関連製品の開発・製造を担当する、NECの子会社である茨城日本電気株式会社(本社:茨城県関城町、社長:吉本陸郎、以下NEC茨城)の製造部門をソレクトロン社に譲渡することに基本合意いたしました。
両社は今後、譲渡に関する具体的な条件の検討をおこない、2002年3月末までに譲渡を完了する予定であります。

合意の内容は以下の通りであります。

  1. NECはNEC茨城の一部である約500名の従業員を含むサーバ、ワークステーション、システムファイル等の製造部門を対象に新会社を設立し、同新会社の株式をソレクトロン社に譲渡する。ソレクトロン社はNEC茨城の生産フロアをNECからリースする予定である。
  2. NEC茨城の開発部門、アウトソーシングセンター等の製造以外の部門は現状のまま従来業務を行なう。
  3. ソレクトロン社は複数年契約により現行製品を継続して生産しNECに供給する。

NECは、コンピュータ事業分野において生産革新活動を推進しておりますが、このたびの提携は、この活動を通じて培われたNEC茨城の高い生産性とソレクトロン社のグローバルな資材調達力を組み合わせる事により、コンピュータ製品の価格競争力向上をはかるものであります。

ソレクトロン社にとって今回の提携は、日本という最重要市場における同社の存在を一層高めるものであります。これにより、サーバ、ワークステーション、ストレージ等の分野においても、NECやその他顧客向けに受注生産や注文仕様生産、最終テスト、フルフィルメント・サービスの提供がアジア全域で可能となり、ソレクトロン社のサプライ・チェーン及びサービスの提供が一層強化されます。既に提供している筐体、設計、実装に関するサービスに加え、アジア・太平洋地域において、サーバ製品のための完全なワンストップ・ソリューションの提供が可能となります。

NEC茨城及びソレクトロン社の概要につきましては別紙1、また今回の提携に関する両社のコメントについては別紙2をご参照ください。

以上


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2001