NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



インテル社64ビットCPU「Itanium(TM)」搭載サーバ「TX7/i4010」発売について

2001年10月31日

日本電気株式会社
「HPCサーバ・ファミリ(TX7/i4010)」

「HPCサーバ・ファミリ(TX7/i4010)」

NEC(NECソリューションズ)はこのたび、米国インテル社の64ビットCPU「ItaniumTM(アイテニアム)」(注1)プロセッサを最大4個搭載可能な高性能サーバ「TX7/i4010」を製品化し、本日から販売活動を開始いたしました。
新製品は、OSにHP-UX(注2)を採用したテクニカルサーバ「TX7シリーズ」のうち、Itanium搭載の16Wayサーバ「TX7/AzusA(アズサ)」の下位機種としてラインナップ強化をはかるものであり、科学技術分野に向け販売いたします。

新製品の主な特長は、以下の通りであります。

  1. 高速処理と高い拡張性を実現

    Itaniumを最大4個搭載可能(標準で2個搭載)であるとともに、最大 32GBのメモリ搭載が可能であり、高速CPUと高速メモリ転送により浮動小数点演算のピーク性能で最大12.8GFLOPS(CPUクロック800MHz、倍精度計算)の高速演算を実現している。このため、大規模計算・高速処理が要求される科学計算、シミュレーション用途に最適である。

  2. 優れた運用性

    標準の19インチラックに収納可能な高さ7U(1U=45mm)のコンパクト筐体を実現しているほか、稼働中のパーツの交換が可能なホットスワップ対応の電源やファンなど、柔軟なシステム運用を可能とする優れた設置性/保守性を実現している。

新製品の本体標準価格は730万円(注3)からで、出荷は11月19日を予定しております。

NECは今年度末までに、Itanium搭載サーバにおいて500台の販売を見込んでおります。

科学技術用途において汎用マイクロプロセッサを搭載したスカラ型サーバは、EDA(Electronic Design Automation、電気回路設計用CAD)、化学、構造解析、機械設計、流体解析などを中心とした用途の利用が拡大しております。各用途とも解決すべき問題は日々大規模化/複雑化しており、このような大規模/複雑なデータを高速処理可能な高速CPUや大容量メモリを搭載した高性能なサーバに対するニーズが一層高まっております。
このたびの新製品は、ラインナップの拡充によりこのような市場のニーズに応えたものであります。

新製品の概要については、別紙をご参照下さい。

以上


<備考>価格に消費税は含まれておりません。
(注1) ItaniumTMプロセッサ:新アーキテクチャーの採用により、一度に実行できる演算を大幅に向上させた高性能な新64ビットCPU。
(注2) HP-UXは米国ヒューレット・パッカード社の登録商標。
(注3) 2CPU(クロック733MHz/キャッシュ2MB)、メモリ2GB、36GBディスク×2台、搭載OS HP-UX11i V1.5の場合。

<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>

HPC販売推進本部 販売促進部

電話:(03)3798-9131
E-Mail: info@hpc.jp.nec.com
本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2001