NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



米国ドーセント社とeラーニング・ソリューション事業分野で提携
〜大規模企業向けeラーニング・ソリューションの提供を開始〜

2001年12月03日

日本電気株式会社

日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:西垣 浩司、 以下 NEC)はこのたび、Docent,Inc.(本社:米国カルフォルニア州マウンテンビュー、社長:デイヴ・エレット、以下ドーセント社)と、ITを活用して各種メディアを用いた教育サービスを提供する企業向けeラーニング事業分野において提携することで、本日合意いたしました。

NECは、eラーニング業界において世界トップクラスのドーセント社と国内で初めて提携し、ドーセント社からeラーニング・プラットフォームの提供を受け、国内の企業向けに「Cultiiva Enterprise」として販売を行ってまいります。今回の提携により、NECでは従来の学習コンテンツの提供に、学習および学習管理システムであるLMS(注1)と、人事システムなどの基幹系システムと連携し戦略的な人材マネジメントを実現するHRM(注2)を加え、統合的な人材育成を可能にする高度なeラーニング・ソリューションとして提供してまいります。

NECが提供する「Cultiiva Enterprise」は、ドーセント社のeラーニングプラットフォーム「Docent EnterpriseTM」(注3)をベースとして、開発、展開、管理、評価など、LMSおよびHRM構築に必要なインフラを全て整えているとともに、ERPを始めとした様々な基幹システムと連携が可能になっているため、人材を含めた資源の有効活用を促進し、包括的な企業競争力の強化を実現いたします。さらに、世界のあらゆる文字セットに対応していることにより、世界的にビジネスを展開する多国籍企業のニーズにも対応しております。NECでは「Cultiiva Enterprise」を活用することにより、これまでに培ってきた日本国内におけるeラーニング領域での経験・実績と、強みであるトータルソリューション力を活かし、大規模企業向けのeラーニング・ソリューションを提供として、今後3年間で50社への販売を見込んでおります。

近年、企業は急速に変化するビジネス環境において、重要な経営資源である人材の質的向上を実現し、市場における競争力を増大させる必要が迫られております。このような環境においてインターネットを利用して学習・教育を行うeラーニングは、時間や空間的制約が少ないことから急速に発展しております。市場からは更に効率的に人的資産の価値向上を実現するため、経営戦略と人材開発・人材活用が連動した人材マネジメントに対するニーズが高まってきております。

今回の提携はこうした市場ニーズに対応したものであり、NECでは大規模企業向けの「Cultiiva Enterprise」、またこれまで提供を行ってきた中・小規模向けの学習パッケージ「Cultiiva」、ASPサービスとしての「E-Learning on BIGLOBE」と幅広くラインナップをそろえることにより、あらゆる規模における企業向けeラーニングに対応してまいります。

また「Cultiiva Enterprise」は、平成13年12月5日から7日に東京ビックサイトで開催される「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2001」に参考出展いたします。

以上


(注1) LMS(Learning Management System)
学習および学習管理システム
(注2) HRM(Human Resource Management)
ERPなどの基幹系システムとの連携を実現する人材マネジメントシステム
(注3) Docent Enterpriseは、Docent, Inc.の商標。


<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

NEC インターネットソフトウェア事業部

TEL (03)3456-5692
e-mail info@cced.mt.nec.co.jp
本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002