NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



エンタープライズ Linuxのオペレーティング・システム(OS)障害調査機能を強化
−4社による最初の協業成果が結実−

2002年01月22日

IBMコーポレーション
日本電気株式会社
株式会社日立製作所
富士通株式会社

IBM(会長:ルイス・V・ガースナー)、NEC(代表取締役社長:西垣 浩司)、日立製作所(取締役社長:庄山 悦彦)、富士通(代表取締役社長:秋草 直之)の4社は、昨年5月30日に発表したエンタープライズLinux(注1)の機能強化に関する協業について、最初の成果として、OS障害調査に役立つ2つの機能強化を行い、オープン・ソース・コミュニティに共同提案いたしました。

協業の1つ目の成果は、Linuxカーネルクラッシュダンプ(LKCD(注2))の機能強化です。LKCDは、OS障害調査のための、メモリダンプ採取機能と、ダンプ解析機能で構成されていますが、4社はミッションクリティカル・システムに対するサポートの経験を生かし、LKCDの信頼性向上と問題解析の効率化の開発に参加し、その開発成果がLKCD開発コミュニティに受け入れられました。これにより、問題個所の特定や原因究明がより迅速に行えるようになります。さらに、大量メモリシステムでも高速・確実にメモリダンプを取得する機能や、採取されたメモリダンプから、必要な情報を容易に抽出する機能の開発を実施しており、半年以内にコミュニティへの提案を予定しています。

2つ目の成果は、Linuxカーネル状態トレーサ(LKST)の開発とオープン・ソースとしての公開です。LKSTは、カーネル内の様々な情報の変化を記録しておくことにより、システム障害発生時に障害の直接原因の解明を支援します。またLKSTは、情報の取得および記録に伴うオーバヘッドが少なく、カーネルへの組み込みも容易なため、顧客サイトで実稼動しているシステムにも適用が可能です。さらに、必要に応じてきめ細かく収集情報を変更して、幅広い障害状況に対応することが可能となっています。

これらの強化機能を用いると、たとえ一度だけシステムに障害が発生したとしても、その根本原因を素早く解明でき、同様障害の再発防止に向け、有効な対策を講じることができるようになり、ミッションクリティカル・システムに適した信頼性の高いシステムが構築できます。そのため、4社は、ミッションクリティカル・システムにおいて障害の少ない高信頼システムを実現するという方向性に基づき、上記の2つの機能強化に最初に注力しました。

4社は、今後もこのようなLinuxの信頼性向上に必要な機能を開発することで、Linuxのエンタープライズ分野での普及に今後も貢献していきます。また、今回の成果を初めとするエンタープライズLinux機能の普及促進にむけ、Linuxディストリビューター各社と協力していきます。

以上


(注1) Linuxは、Linus Torvaldsの米国およびその他の国における登録商標あるいは商標
(注2) LKCDは、米SGI社によって開発が開始され、オープン・ソース・コミュニティのメンバによって強化されてきた機能。


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002