NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



カラーPDPモジュールの新ライン構築について

2002年02月28日

日本電気株式会社
鹿児島日本電気株式会社

NEC(NECエレクトロンデバイス)はこのたび、カラーPDP(*1)モジュールの新ラインを、NEC鹿児島(社長:安達逸郎、本社:鹿児島県出水市)に構築することを決定いたしました。

新ラインはNEC鹿児島の200工場内に設置し、総投資額は270億円、生産能力は月産3万台(35型換算、ガラス基板投入ベース 月産1万枚)を計画しております。新ラインの稼動開始は本年10月を予定しております。
これにより、平成14年度下期におけるNEC全体の生産能力は、NEC鹿児島の既存ラインを含めて月産4万5千台(35型換算、ガラス基板投入ベース 月産1万7500枚)に増強となります。
NECは現在、42型、50型、61型の商品を有しておりますが、今後、35型を新たに市場投入することにより事業の拡大を図ってまいります。

カラーPDPを採用したプラズマテレビは、BSデジタル放送の開始やDVDの普及により高画質の映像コンテンツを家庭内で手軽に楽しめる環境が整いつつあることから、大手テレビメーカー各社から相次いで製品が市場投入され、急速に普及が始まっております。
NECは、当社独自のCCF(*2)技術により高画質のパネルを製品化しており、既に大手テレビメーカー数社にパネルを採用頂いておりますが、現在の生産能力を上回る長期にわたる引き合いを頂いていること、2002年以降も年率200%以上の市場成長が見込まれていること、などから今後の市場成長に対応するべくこのたびの投資を決定いたしました。

なお、将来の事業形態については引き続き検討を続けてまいります。

以上


(*1) PDP:Plasma Display Panel
(*2) CCF:Capsulated Color Filter


<この発表に関するお客様からの問い合わせ先>

NECエレクトロンデバイス カラーPDP販売事業部 門田

電 話 (044)435-1303(直通)
E-Mail y-kadota@bq.jp.nec.com
本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002