NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



地球環境問題解決のための世界最高速スーパーコンピュータの完成について
〜「地球シミュレータ」用超高速ベクトル並列計算機の本体納入を完了〜

2002年03月08日

日本電気株式会社
地球シミュレータ
「地球シミュレータ」

NEC(NECソリューションズ)はこのたび、宇宙開発事業団(理事長:山之内秀一郎)、日本原子力研究所(理事長:村上健一)及び海洋科学技術センター(理事長:平野拓也)の共同チームである地球シミュレータ研究開発センター(センター長:淺井清)が開発を進めてきた超高速ベクトル並列計算機システム「地球シミュレータ」の本体納入を完了いたしました。3月11日から地球シミュレータセンター(センター長:佐藤哲也)による運用が開始されます。

「地球シミュレータ」は、海洋科学技術センター横浜研究所(神奈川県横浜市金沢区昭和町)内にあるシミュレータ棟(設置面積;50m×65m)に設置され、1CPU当たり8ギガFLOPSのベクトルプロセッサ8個からなる計算ノード640台(合計5,120CPU)を高速のネットワークで接続し、最大性能40テラFLOPS(1秒間に40兆回の計算速度)を実現する、多目的用として世界最高速のスーパーコンピュータであります。

このたびの運用開始により、コンピュータ上に地球の種々の現象を映し出す「仮想地球」を実現し、地球規模の気候変動の解析・予測や長期間にわたる地球変動現象の解明等が可能となります。地球観測衛星やブイ等からの観測データ等を積極的に活用しながら、地球温暖化、大気や海洋の汚染、エルニーニョ現象、集中豪雨及び台風の進路予測等の複雑な現象を理解することができ、経済社会活動の発展や地球環境問題の解決への貢献ができるものと期待されております。さらに地殻変動、地震発生等の現象の解明への貢献も期待されております。

NECでは、1997年末に基本設計を受注して以来、全社の総力を挙げて本プロジェクトに取り組んでまいりました。1998年度の要素技術設計・試作、1999年度の詳細設計及び2000年度の本体製作を受注し、このたび本体納入を完了いたしました。

地球環境問題解決への貢献をはじめ、計算科学技術推進への貢献も期待できる「地球シミュレータ」は、我が国が世界に誇れるプロジェクトであり、NECでは本プロジェクトへの参加を極めて光栄なことと考えております。今後とも運用面の向上や実行性能の向上に全社の総力を挙げて取り組んでいくとともに、これを機に最先端の技術開発に従来以上に注力いたします。

以上


<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

HPC販売推進本部 販売促進部

電話:(03)3798-9131
E-Mail: info@hpc.jp.nec.com
本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002