NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



建設業向け情報システム新会社「CENソリューションズ」の営業開始について

2002年03月25日

日本電気株式会社
株式会社熊谷組
株式会社シーエーシー

日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:西垣 浩司、以下 NEC)、株式会社熊谷組(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鳥飼 一俊、以下 熊谷組)、株式会社シーエーシー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:光山 治雄、以下 CAC)はこのたび、建設業向け情報システム会社「CENソリューションズ株式会社」を設立し、本年4月10日から営業を開始いたします。

「CENソリューションズ」の社名は「Construction、Engineering、Networksのソリューションを提供する会社」を意味するものであり、建設事業者に対して、情報システムやネットワークシステムに関するコンサルティング、システム開発、運用代行、保守・監視など、総合的なソリューション提供を行ってまいります。

「CENソリューションズ」の主なサービス内容は以下の通りであります。

(1) コンサルティング
経営基盤を強化するためにITを活用した新システムの提案を行う。
  • 現状分析、あるべき姿・コンセプト、目的、費用対効果の提案
  • 既存システムの分析・課題抽出、改善提案
  • 建設業界のEDI(電子データ交換)標準「CI-NET」の導入コンサルティング
(2) SI構築
建設業界向けのシステム企画・要件定義・システム設計・システム製造・運用管理までの一貫したSIサービスを提供する。
  • NECの建設業向け会計パッケージ「C-BARX」を活用したSIサービス
  • NECの「CI-NET」対応の電子調達パッケージ「C-TRADE」を活用したSIサービス
  • 個別システムの企画からシステム製造までのSIサービス
(3) アウトソーシング
建設業界向けの運用管理サービスを提供する。
  • サーバー、PC、ネットワークのシステム更新・変更、障害対応等の運用管理サービス
  • 各システムソフト、業務ソフトのシステム更新・変更、障害対応等の運用管理サービス
  • 「SAP R/3」を用いた運用管理サービス
(4) ソリューション企画
顧客に最適なソリューションを提供するため、建設業向け会計パッケージの機能強化項目に関するコンサルティングサービスをはじめとするプロダクトマーケティングを行う。

「CENソリューションズ」の資本金は1億円、出資比率はNECが45%、熊谷組が35%、CACが20%であります。人員数は22名であり、熊谷組の情報システム部門の基幹要員として建設業における業務ノウハウを熟知したSEを集結しております。新会社は、こうしたSEを中心に、建設事業者に対して、情報システムやネットワークシステムの構築・運用に関するコンサルティングやシステム開発、運用代行、保守・監視など、総合的なソリューション事業を展開してまいります。また、NEC・熊谷組・CACの出資各社と連携した事業展開を行うことにより、常に最新のIT技術や建設業界の業種ノウハウをふまえたソリューション提供を行ってまいります。
また熊谷組は、自社の基幹システムを含むすべての情報システム関連業務を新会社にアウトソーシングいたします。

社会経済全体におけるIT化が進展していること、国土交通省をはじめとする公共事業関係省庁によるCALS/EC導入が推進されていること、さらなるコスト削減や生産性向上の必要性が高まっていることなど、建設業界においてもIT導入機運が高まりつつあります。また、個別受注生産を基本としてプロジェクト毎に多くの関係者間で情報を共有する必要があること、およびその参加者の多くは中小建設業者が占めることなどの建設生産の特質からも、ITを活用する領域が潜在的に大きいと考えられております。さらに、建設投資額の減少が見込まれるなか、競争力強化のためのシステム導入や、事業の再構築にともなうシステム統合など、情報システム開発や運用管理などのソフト・サービスに対するニーズの増大が見込まれております。

NECでは、こうしたニーズに対応し、建設業におけるSI事業を拡大するとともに、コンサルティングやアウトソーシングなどのサービス提供を拡大するため、熊谷組・CACとともに建設業における業種・業務ノウハウを集結し、新会社を設立することにいたしました。また、専門的かつ豊富な建設業の業種・業務ノウハウを持ったSE集団である新会社と連携を図ることにより、新たな建設業向けソリューションの提供を推進してまいります。

一方、熊谷組は、これまでにも全社ネットワークの構築やERPの導入などを通じて経営基盤の強化を図っており、こうしたIT導入ノウハウを事業の再構築の動きが高まっている建設産業向けに提供し、グループ業績の向上に貢献するため、NEC・CACとともに新会社を設立することにいたしました。
また今後も、熊谷組自らもIT導入を積極的かつ効率的に推進し、さらなる競争力強化と事業機会の拡大を実現するため、すべての情報システム関連業務を新会社にアウトソーシングすることにいたしました。

また、CACは、アウトソーシング・サービスのノウハウ、および熊谷組向けのERPシステム構築・運用の経験を活かし、さらなる事業拡大を図るため、新会社の設立に参画することにいたしました。今後は、新会社を通じて熊谷組に対してERPの保守・運用サービスを引き続き提供するとともに、新会社との協業により、建設・エンジニアリングなど類似する個別受注型業種を対象にERP関連サービスおよびアウトソーシング・サービス事業の拡大を図ってまいります。

新会社の概要、および出資会社の概要につきましては別紙をご参照ください。

以上


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002