NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



「マルチメディア・コミュニケーションシステム」の開発およびデモ展示について

2002年03月27日

日本電気株式会社
NECカスタムテクニカ株式会社

NEC(NECネットワークス)およびNECカスタムテクニカはこのたび、次世代プロトコルであるIPv6(Internet Protocol version6, 注1)を用いたアプリケーション「マルチメディア・コミュニケーションシステム」を開発いたしました。

「マルチメディア・コミュニケーションシステム」は、分散した参加者を動画と音声でリアルタイムに接続することで、円滑な情報交換を支援するシステムであります。例えば、本システムを「仮想パネルディスカッションシステム」として利用した場合、パネラーとして最大8名接続できます。また、パネラーとは別に、パネル聴講者を接続数無制限に拡張することが可能であります。このような多数の端末への情報転送を容易にするため、IPv6マルチキャスト(注2)技術を利用しております。これにより、サーバの負荷を上げることなく、多数のパネル聴講者宛に、画像,音声の配信を行うことが可能となっております。

本システムは、PC-98NXシリーズを使用したサーバ,クライアント上のソフトウェア開発のみならず、ネットワーク上のルータがIPv6マルチキャスト・プロトコルをサポートすることにより実現されます。IPv6ネットワークを構成するルータには、IX5000シリーズルータを用いております。IX5000シリーズは、IPv6ユニキャスト転送,各種トンネリング転送に加え、IPv6マルチキャストもハードウェア処理でサポートする高性能ルータであります。

本システムは、総務省の平成13年度予算によるTAOプロジェクト『高品質双方向リアルタイム通信技術開発および相互接続検証』の支援により開発され、IPv6普及・高度化推進協議会ショールーム(注3)にて、デモ展示をしております。

本システムの仕様と主な特長は以下の通りであります。

<主な仕様>
  OS : Windows2000SP2
符号化方式 : G.729(音声),H.263(画像)

<主な特長>
  • 双方向リアルタイム通信システム。
    (IPv6により画像を同報配信。IPv6マルチキャストに対応。)
  • 発言者の音声を検出し、自動的に発言者画像を選択して配信。
  • 発言者間の音声は、ユニキャスト(通常の1対1)通信。
  • 聴講者は、IPv6マルチキャストにより画像と音声を受信。
  • マイクの持ち回りにより、1名に限り聴講者の発言可能。

<デモシステム概要>
  • パネル参加者クライアントを3箇所(注3)に設置。
    (自由に展示システムの操作が可能。)
  • パネル聴講者クライアントの設置はなし。

近年、e-Japanの推進等により、ブロードバンド&マルチメディア環境の構築が急激に進展しております。NECおよびNECカスタムテクニカでは、ブロードバンド&マルチメディア環境の推進には、IPv6プロトコルの実用化が必須と考え、ネットワーク機器およびPCサーバ/クライアント・アプリケーションの開発を進めております。 このたびのシステムは、エンドユーザが自由にグループを形成し、コミュニケーションを図るツールの基礎となるものと考えております。今後も、より高度なブロードバンド&マルチメディア・ネットワーク環境の実現に向け、積極的に開発を推進してまいります。

以上



(注1) 現在のIPv4に代わると考えられている次世代のネットワークレイヤ(第3層)のプロトコル。アドレス空間が、事実上、ほぼ無限に存在する。
(注2) 送信者が1回送信するだけで、多数に同報することのできる通信プロトコルをIPv6上で実現した機能。
(注3)
IPv6普及・高度化推進協議会 展示ショールーム:
  Bic P kan(ビックピーカン) 有楽町店
同上 なんば店
同上 札幌店
http://www.v6pc.jp/showroom/index.html


<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

NECネットワークス 戦略マーケティング本部

電話:03-3798-9600(直)
E-mail:tao2002@stm.nec.co.jp
本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002