NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



消費電力を大幅に抑えたUSB2.0ホスト・コントローラの発売
〜EHCI 1.0準拠品を世界に先駆け製品化〜

2002年04月08日

日本電気株式会社
USB2.0ホスト・コントローラLSI「μPD720101」
USB2.0ホスト・コントローラLSI
「μPD720101」

NEC(NECエレクトロンデバイス)はこのたび、パソコンの汎用シリアル・インタフェースであるUSB2.0に対応し、世界で初めてEHCI 1.0に準拠した次世代USB2.0ホスト・コントローラLSI「μPD720101」を開発し、ノートパソコン市場に向けて本年4月よりサンプル出荷を開始いたします。

新製品の特長は以下の通りであります。

(1) USB周辺機器未接続時およびPCスタンバイ時の消費電力を従来の10分の1以下となる11mA、USB2.0周辺機器使用時(フル接続時)の消費電力を従来の約2.5分の1となる220mAと大幅に削減し、ノートパソコンのバッテリー駆動時間を延長可能。
(2) USB2.0ホスト・コントローラの標準仕様であるEHCI(Enhanced Host Controller Interface Specification) Rev1.0に準拠し、従来よりデータ転送レートを20%向上。データのバックアップやDVD再生など、大容量のデータのやりとりを容易に実現。
(3) 144ピンQFP/FPBGAパッケージを採用し、実装面積を当社従来製品比約30%削減。

新製品はサンプル価格が5000円/個となっており、量産開始時期は本年7月を予定しております。なお、NECは2002年度に新製品を含めたUSB2.0対応ホスト・コントローラLSIを1000万個出荷する計画であります。

近年、USBポートはほとんどのパソコンに搭載されており、USB対応の周辺機器も、マウス、キーボード、CD-ROM、プリンタ、スキャナなど様々なものが広く普及しております。USBは複数の周辺機器で信号線を共有する規格であるため、接続される周辺機器が増加すると、12MbpsというUSB1.1のデータ転送速度では不十分となります。今後は、より高速なデータ転送速度を必要とするCD-R、CD-R/W、DVD-ROM、プリンタ、スキャナ、PCカメラなどの一層の普及が見込まれており、USB1.1との互換性を維持しつつ、480Mbpsという現在の40倍のデータ転送速度を手軽に実現できるインタフェース仕様であるUSB2.0の普及が望まれております。

新製品は、低消費電力かつ高速のデータ転送を必要とするノートパソコン市場の顧客ニーズにいち早く応えるため、NECの低消費電力設計技術を駆使するとともにEHCIの標準仕様をいち早くとり込んで製品化したものであります。

NECは、当初からUSB規格策定のコアメンバーとしてUSBの普及に貢献しており、2001年3月に世界初のUSB2.0ホスト・コントローラの量産を開始し、2002年3月までの1年間で累計400万個を出荷しております。

なお、新製品の主な仕様は別紙をご参照ください。

以上


<この発表に関するお客様からの問い合わせ先>

NECエレクトロンデバイス 半導体テクニカルホットライン

電 話 (044)435-9494(直通)
FAX (044)435-9608
E-Mail info@lsi.nec.co.jp
本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002