NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



大林組がNECと共同で「CI-NET ASPサービス」に対応した「電子契約システム」を開発し、建設業界で初めて導入

2002年05月08日

株式会社大林組
日本電気株式会社

株式会社大林組(本社:東京都港区、代表取締役社長:向笠愼二)は、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:西垣浩司、以下 NEC)と共同で、業界標準EDI(Electronic Data Interchange)「CI-NET LiteS」に準拠したASP(アプリケーションサービスプロバイダー)サービス「CI-NET ASPサービス」対応の「電子契約システム」を開発し、建設業界で初めて導入しました。

「CI-NET LiteS」は、企業間商取引等の情報を電子的に交換するEDIの業界標準規約です。昨年5月に公開された「CI-NET LiteS」実装規約(Ver2.0)は従来の対象業務であった購買見積業務に加えて設備見積、建築見積、注文・注文請けまで対象範囲を拡大しています。

今回導入した「電子契約システム」は、NECが昨年9月に発売を開始した「CI-NET LiteS」実装規約(Ver2.0)に対応したEDIツール「C-TRADE」を装備しています。「C-TRADE」は、既存の購買システムなどの社内業務システムとの連携を図りながら「CI-NET LiteS」対応のシステムを構築できるツールであるため、今回の「電子契約システム」に採用しました。

「CI-NET ASPサービス」向けのシステムは現在、大林組、鹿島、清水建設、竹中工務店のゼネコン4社で共同開発中です。その運用については、NTTデータ、鹿島、清水建設、大成建設、大林組、竹中工務店、日本オラクルが設立し、建設産業向けのeマーケットプレイス事業を展開しているコンストラクション・イーシー・ドットコムに委託する予定です。
今回導入した「電子契約システム」は、コンストラクション・イーシー・ドットコムで8月からサービスを開始する予定の「CI-NET ASPサービス」に対応します。

大林組は、「CI-NET ASPサービス」に対応した電子契約システムをいち早く導入することで、率先して業界内での電子契約の普及を促し、契約者双方のメリットとなる契約事務処理の合理化と経費節減を図っていきます。

以上


<EDIツール「C-TRADE」に関するお問い合わせ先>

NEC 第二製造業ソリューション事業部 第二営業部

TEL 03-3798-6255
本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002