NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



世界最小クラスの消費電力を実現した MPEG4 AVエンコーダ/デコーダLSIの発売

2002年05月08日

日本電気株式会社
MPEG4 AVエンコーダ/デコーダLSI「μPD77214」
MPEG4 AVエンコーダ/デコーダLSI
「μPD77214」

NEC(NECエレクトロンデバイス)はこのたび、デジタルビデオカメラ(DVC)やDVDなどをはじめとするネットワーク対応ポータブルAV機器向けに、消費電力を世界最小クラスに抑えたDSPベースのMPEG4 AVエンコーダ/デコーダLSI「μPD77214」の開発を完了し、本年8月からサンプル出荷を開始いたします。

新製品の主な特長は以下の通りであります。

(1) 先端の0.13μmプロセスの採用により、約7mW(176×144画素(QCIF)、15フレーム/秒の画像データのデコード処理時、DSPコアのみ)という世界最小クラスの消費電力を実現。また、最大で162MHzという高速動作も可能。
(2) 内蔵のソフトウェアにより、ビデオ信号(MPEG4 Video)およびオーディオ信号(MPEG2 AAC)の同時エンコード/デコード処理を1チップで実現。
(3) アナログビデオ信号処理のための外付けAD/DAコンバータとの接続を容易にするITU-R Rec Bt601/656に準拠したデジタル・ビデオ信号インタフェースを搭載。
(4) フレームメモリに従来のSRAMに加えてシンクロナスDRAMを使用可能とし、システムコストを低減可能。

新製品の価格は1,000円/個(1万個受注時)となっており、生産規模としては、本年11月以降、月産10万個以上を計画しております。

インターネットの普及にともない、近年ではネットワーク対応のDVCやデジタルスチルカメラ(DSC)などのポータブルAV機器で撮影した動画データをインターネット上で配信したり、パソコンでダウンロードした動画・音楽データをネットワーク接続に対応した持ち運び可能なビデオ/オーディオ再生装置で楽しむスタイルが普及しつつあります。こうしたポータブルAV機器の普及にあわせて、MPEG4によるメモリーカードへの容易なビデオ記録のニーズも高まっております。
新製品はこうしたニーズに応えるため、最先端プロセスを採用し、高性能と低消費電力を同時に実現したものであります。

新製品は携帯電話、携帯型オーディオプレーヤー向けに採用実績のあるDSP「μPD77213」をコアとして採用し、オーディオ・シリアル・インタフェース、SDメモリーカード・インタフェース、ビデオインタフェースなど様々な周辺機能を内蔵しております。また、オーディオ、ビデオのエンコード/デコード処理、及びデータの多重・分離処理など多様な機能をDSP上で実行するソフトとして搭載しているため、DSPソフトの組み換えにより、様々なフォーマットへの対応が容易に実現できます。

NECでは今後、新製品で培ったビデオ信号処理技術を核に、ブロードバンドネットワークと結びついたモバイルアプリケーション向けに高音質・高画質なAV機能を実現するシステムLSIソリューションを順次製品化し、個々の顧客ニーズに応えてまいります。

なお、新製品の主な仕様は別紙をご参照ください。

以上


(注1) SD(Secure Digital)メモリーカード:
松下電器産業株式会社、SanDisk Corporation、株式会社東芝が共同開発した半導体メモリカード。高度な著作権保護機能を備えているため、音楽/画像データの記憶媒体に適している。
(注2) Windows、Windows MediaはMicrosoft Corporationの商標です。この他、記載されている社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。

<この発表に関するお客様からの問い合わせ先>

NECエレクトロンデバイス 半導体テクニカルホットライン

電 話 (044)435-9494(直通)
FAX (044)435-9608
E-Mail info@lsi.nec.co.jp
本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002