NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



東日本銀行、基幹系システムをNECにアウトソーシング
〜オープン勘定系システム「BankingWeb21」を採用した次世代基幹系システムを構築〜

2002年06月03日

株式会社東日本銀行
日本電気株式会社

株式会社東日本銀行(本店:東京都中央区、取締役頭取:鏡味徳房 以下:東日本銀行)は、このたび、株式会社大光銀行(本店:新潟県長岡市、取締役頭取:杉田昌久 以下:大光銀行)と共同で、勘定系・対外系・情報系など基幹系システムを新たに構築することとし、その開発・運用・保守を日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:西垣 浩司、以下:NEC)にアウトソーシングすることにいたしました。
平成16年度中に、NECのオープン勘定系システム「BankingWeb21」を採用した次世代基幹系システムを構築するとともに、同システムを「NEC東日本アウトソーシングセンター(金融)」(神奈川県川崎市)内に設置し、その開発・運用・保守をNECにアウトソーシングいたします。アウトソーシングの契約期間は10年間を予定しております。

東日本銀行および大光銀行は、勘定系などの基幹系システムの共同運用会社である株式会社関東データセンターを共同で運営し、システムの開発・運用・保守を行ってまいりました。しかしながら、金融機関を取り巻く環境が激変する中で、共同運用会社にて基幹系システムを維持・運営していくより、本格的なアウトソーシングを行う方が優れていると判断し、東日本銀行および大光銀行が、中長期的かつ効率化の観点から、それぞれ自行に合ったメーカーの選定を行った結果、各行のニーズに最もふさわしい提案をしたNECに開発・運用・保守を委託することにいたしました。
東日本銀行および大光銀行は、NECへのアウトソーシングおよび「BankingWeb21」を採用した次世代基幹系システムの構築などにより、ハードウェアやソフトウェアの維持・運用などのシステム関連コストの削減、事務センター関連の設備コストの削減、専門知識を必要とするシステム要員の維持育成コストの削減などを見込んでおります。 このたびのアウトソーシングの主な内容は以下の通りであります。

  1. オープン勘定系システム「BankingWeb21」を採用

    次期勘定系システムとして、NECのオープン勘定系システム「BankingWeb21」を採用する。これにより、コンビニATMやデビットカード、インターネットバンキングなどを支える24時間365日稼動サービスをはじめとする独自の経営戦略を反映した新しい金融商品をタイムリーに商品化することができる。

  2. システム運用保守のアウトソーシングによる新たなサービスの提供

    次世代基幹系システムを「NEC東日本アウトソーシングセンター(金融)」内に構築し、その運用保守をNECにアウトソーシングする。これにより、ハードウェアやソフトウェアの維持・運用などのシステム関連コストを抑制しながら、24時間365日稼動をはじめとする新しいサービス提供が可能となる。また「NEC東日本アウトソーシングセンター(金融)」はFISC基準に準拠し、電源及び回線の2系統化等がなされており、災害発生に対する備えも万全である。

  3. 勘定系システムとともに統合顧客管理システムなどの先進システムも同時稼動

    オープン勘定系システム「BankingWeb21」と同時に、統合顧客管理システム・対外接続系・証券系・国際系等の基幹系システムの全てを、オープンプラットフォーム上で稼動するシステムにて構築する。また、リスク管理システムや融資支援システムなどの各種サブシステムもアウトソーシングすることで、運用負担の軽減を図るとともに、システム関連コストや設備コストなどの削減を可能とする。

近年、日本の金融業界においては、事業者間の競争激化にともない、さらなる経営の効率化が急務となっております。こうした中、バンキングシステムについて、トータルコストの削減を徹底しながら、商品開発への即応性、リスクマネジメントの精緻化、多様化するデリバリーチャネルへの対応などを求める金融機関が増えており、経営戦略への連動が可能であり、拡張性に優れた勘定系システムやコンピュータシステムのアウトソーシングが普及しつつあります。

NECでは、こうした状況をとらえ、オープン勘定系システム「BankingWeb21」を提供するとともに、「BankingWeb21」の特性を活かしたアウトソーシングサービス提案を強化・拡大してまいります。

以上


<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

東日本銀行 事務管理部 新妻

電話:03-3273-6222


NEC 第二金融ソリューション事業部 第一営業部

電話:03-3456-7585
本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002