NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



5GHz帯 国内新規周波数に対応したIEEE802.11a準拠屋外NWA、FWA用フィ−ルドトライアル機を初出荷
―ワイアレスブロ−ドバンドアクセスのトータルソリューションを提供―

2002年07月02日

日本電気株式会社

NEC(NECネットワ-クス)はこのたび、NTTアクセスサ-ビスシステム研究所との共同研究の成果として、IEEE802.11a規格に準拠したCPU内蔵型無線LANチップセットを開発し、NTTのライセンスを得て本チップセットを用いた5GHz帯 無線LANカ-ド及びアクセスポイントを製品化いたしました。また、情報通信審議会 の5GHz新規周波数帯に関する答申が5月7日報告されたのを受け、この新規周波数帯を使用することによりクリ-ンな環境でのサ-ビスが可能な、802.11a準拠屋外NWA及びFWA用フィ-ルドトライアル機を世界に先駆け出荷いたしました。

開発したチップセットは、 CPUを内蔵したベ-スバンド(BB)LSIと中間周波数(IF)LSIからなり、主な特長は以下の通りです。

(1) ベ-スバンドLSIにCPUを内蔵したことにより、ノ-トパソコンやPDA本体側の負荷が軽くなり、802.11aの特長である、高速ダウンロ-ドもスム-スに行うことが可能です。

(2) 電波伝播のマルチパスによる不安定な受信電力に対し最適化設計を行った結果、伝送速度の距離依存性が少ない無線特性を実現しました。

今回開発した5GHz帯のチップセットは6〜36Mbpsのデ-タ伝送をサポ-トしており、これまで困難だった大容量のマルチメディアコンテンツに対応できるようになりました。デ-タ伝送速度は、今後54Mbpsまで高速化する計画です。

また、本チップセットを用いたアクセスポイントと現在市販されております他社製チップを用いた802.11a準拠の5GHz無線LANカ-ドとの相互接続性の確認にも成功しております。このアクセスポイントは、IEEE802.11aだけでなく、普及が進んでいる2.4GHz帯802.11bにも対応した802.11a/bデュアルモ-ド機となっており802.11bカ-ドを使用した端末の収容も可能となっており、7月3日から幕張メッセで開催される「Networld + Interop 2002 Tokyo」に動態展示いたします。

ブロ-ドバンド時代の到来によって、無線による高速ユビキタスネットワ-クの普及が見込まれております。情報通信審議会 情報通信技術分科会 広帯域移動アクセスシステム委員会より屋外で使える5GHz帯の新規周波数帯が本年5月7日答申され、この周波数帯を使った屋外ワイアレスアクセススポットサ-ビスやFWAに期待が寄せられております。NECでは、こうしたニ-ズに答えるため、屋外ゆえの厳しい規格が適用されるクリ-ンな国内新規周波数帯に対応した屋外NWA/FWAフィ-ルドトライアル機を、本年6月出荷いたしました。
今後、CPU内蔵による高速化を図ったワイヤレスアクセススポット、FWA、企業内無線LANなどに対応した新製品を周波数の開放時期に合わせ順次市場投入するとともに、無線LAN端末のアクセス認証や位置情報サ-ビスなどのネットワ-クソリュ-ションを提供し、より安全で快適なワイアレスブロ-ドバンドアクセス環境を実現してまいります。

以上


<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

NECネットワークス・モバイルワイヤレス事業部 藤本

電話:045-939-2150
E-mail: n-i@mwu.nec.co.jp
本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002