NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



賛同コメント<五十音順>

<インテル株式会社>
インテルは、NEC様がインテルItanium(R) 2プロセッサを搭載した「TX7/i9000シリーズおよびTX7/i6000シリーズ」を発表することを歓迎します。そして今回の新製品の持つ、32CPU、16CPU、8CPU対応の高いスケーラビリティにより、インテルItanium(R) 2プロセッサ搭載製品の市場が更に拡大することを期待しています。
インテルは今後もNECと協力し、関連するOSベンダやISVとの協力のもと、さらに対応プラットフォームおよびソリューションが増えるよう努力して参ります。
インテル株式会社 代表取締役社長 ジョン・アントン

<エムエスシーソフトウェア株式会社>
MSC. Software Corporationは、構造解析分野において、ますます高くなる大規模高速化に対するニーズにお応えするべく、主力となります構造解析ソフトウェアMSC.NastranおよびMSC.MarcのNEC Itanium 2搭載「TX7シリーズ」への移植を、日本電気株式会社殿と共同で取り組んでおります。NEC Itanium 2搭載「TX7シリーズ」への移植により、構造解析分野でのシミュレーションの可能性がますます大きくなることを期待しております。
エムエスシーソフトウェア株式会社 代表取締役:宮増 浩

<株式会社ソフトウェアクレイドル>
(株)ソフトウェアクレイドルは流体解析システムの開発会社として長年、日本電気株式会社と協調して来ています。Itanium2搭載のスカラーサーバーの製品発表により、今後はより大規模な問題に流体解析の利用範囲が広がることが期待でき、 間接的にエネルギーの有効利用にも貢献できるものと考えています。その意味でも、日本電気株式会社の製品には大いに期待をしています。
株式会社ソフトウェアクレイドル 代表取締役 駒田 一郎

<日本ヒューレット・パッカード株式会社>
日本ヒューレット・パッカード株式会社は、日本電気株式会社の米国インテル社製「インテル(R) Itaniumum(R)2プロセッサ」搭載サーバ「TX7」シリーズの発表および同製品へのhp-uxの採用を心より歓迎いたします。
hp-uxは、PA-RISCとの組み合わせにおいて実現している高い信頼性や機能性、スケーラビリティを維持しながら、「インテル(R)Itanium(R)2プロセッサ」に最適化したエンタープライズ向けオペレーティング環境です。
日本HPは、NEC様との密接なパートナシップにより、hp-uxをItanium(R)プロセッサ環境においてもテクニカル分野はもとより、ミッションクリティカル対応のオペレーティング環境としてもお客様に提供していく所存です。
日本ヒューレット・パッカード株式会社 執行役員 ビジネスカスタマ事業統括
マーケティング統括本部 本部長 松本 光吉

<マイクロソフト株式会社>
マイクロソフトは、日本電気株式会社様のItanium 2プロセッサを搭載した、「TX7」シリーズの発表を歓迎いたします。マイクロソフトは、Windows(R) Advanced Server, Limited Edition 及び、次期 サーバー・オペレーティング・システム、Windows .NET Server 64bit版において、 Itanium 2プロセッサをサポートいたします。日本電気株式会社様とマイクロソフトは、Windowsをベースとした企業の情報システムにおいて、長年にわたる密接な関係を築いてまいりました。今後とも両社による密接な開発における協業をおしすすめ、大型Itanium2プラットフォームによるソリューション提供を具体化し、ハイエンドシステム市場へのWindows プラットフォームの導入を推進してまいります。
マイクロソフト株式会社 エンタープライズビジネス担当 取締役 鈴木 和典

<レッドハット株式会社>
レッドハットは日本電気株式会社のItanium(R)2搭載サーバ「TX7」シリーズの発表を歓迎します。科学技術分野は、これまでもLinuxが広く利用されていた分野であり、定評あるNECから大規模演算に対応した製品が登場したことで一層の市場の拡大が図られるものと期待しています。今後も両社の緊密な協業体制により、優れたソリューションを提供していきたいと考えています。
レッドハット株式会社 代表取締役 平野 正信


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright©NEC Corporation 1994-2002