NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



三洋電機が光ピックアップなどの設計・開発効率の向上を実現するPDMシステムをNECと共同で構築
〜新規開発期間の短縮や設計情報の共有化を実現〜

2002年10月03日

三洋電機株式会社
日本電気株式会社

三洋電機株式会社(本社:大阪府守口市、代表取締役社長:桑野幸徳、以下 三洋電機)はこのたび、光メディアデバイス事業部において、DVDやCD-R/RWなどで利用する光ピックアップや光ディスクドライブの設計・開発効率の向上を実現するPDM(Product Data Management)システムを日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:西垣浩司、以下 NEC)と共同で構築いたしました。

本システムは、光ピックアップや光ディスクドライブなどの製品構成情報(部品表)や図面・仕様書・設計通知書などの関連文書を電子化して管理するとともに、部品表や関連ドキュメントの作成・承認・変更・配付・廃棄のワークフロー化を実現するものであります。昨年8月の稼働開始以来、順次、利用ユーザの拡大を図り、現在、国内のみならず韓国や中国の生産拠点で本システムを活用したリアルタイムな情報共有の構築を行っております。

三洋電機 光メディアデバイス事業部では、本システムと製品設計における三次元CAD、および解析技術を活用することにより、設計・開発のコンカレントエンジニアリングの推進を行い、製品の新規開発期間を3ヶ月短縮したほか、設計段階での製品品質の向上を実現いたしました。

本システムは、NECのPDMシステム「Obbligato II(オブリガートII)」を採用しており、主な特長は以下の通りであります。

  1. 設計に関連する文書の作成・承認・変更などのワークフロー化を実現

    光ピックアップや光ディスクドライブなどの製品品番や部品品番のデータから、関連する設計図面・仕様書・設計通知書などの文書を容易に検索・閲覧することができる。また、従来、紙で通知していた設計の着手・変更・承認などを電子化し、ワークフロー化を実現している。これらにより、開発・設計に関わる業務の効率化を実現している。

  2. 中国や韓国などを含むグローバルかつリアルタイムでの情報共有を実現

    イントラネットを介して、設計図面や仕様書などを参照することができる。また、設計変更をはじめ、各文書の内容変更がリアルタイムに反映されるため、国内のみならず中国や韓国の生産拠点においても本システムを活用した迅速かつ正確な情報共有を実現している。

三洋電機 光メディアデバイス事業部では、CD-R/RWやDVDなどの光ディスクを再生・記録するためのキーデバイスである光ピックアップや、それを活用した光ディスクドライブなどの開発・販売を行なっております。特に光ピックアップ分野では、再生用/記録用のPC周辺機器向け、一般オーディオ用および、車載用などで年間1億1千万個(2001年度実績)の生産を行い業界トップクラスの地位を確立しております。
また、不可能と思われていたCD-R/RWの記録エラーを解消しパソコンの使い勝手の向上を実現した「BURN-Proof(バーン・プルーフ)技術」(注1)の開発など、光メディアを基盤にした高度なハード/ソフト技術で、世界的な視野でのビジネスを展開しております。三洋電機 光メディアデバイス事業部では、本システムをはじめとしたIT技術の活用により、光ピックアップや光ディスクドライブの開発・設計効率の向上を図り、さらなる事業体制の強化を目指してまいります。

NECでは、製造業マーケットにおける、商品企画から設計・生産・調達・販売・保守に至る製品ライフサイクル全体で一貫した製品構成情報の管理を実現したいというニーズに応えるシステムとして「Obbligato II」を提供し、国内シェア1位(注2)の実績を有しております。NECでは、このたびの三洋電機 光メディアデバイス事業部におけるシステム構築実績をふまえ、今後も「Obbligato II」を中核とするエンジニアリングソリューションを強化するとともに、顧客企業のビジネス革新を実現するソリューションを提供してまいります。

以上


(注1) BURN-Proofは、『データ転送が一時的に途切れてしまう「バッファーアンダーラン(BufferUnderRuN)エラー」を回避(Proof)する』ことを意味する造語。
BURN-Proof技術は、ディスクへの記録中に必要に応じて記録作業を中断し、再び中断した位置からの正確な追記を可能にするCD-R/RWで初めてのシームレス記録技術。作成したディスクは、連続記録したディスクと同様に 一般のCD-ROMやオーディオCDプレイヤーで楽しむことができる。
(注2) 出典は株式会社テクノ・システム・リサーチ「2001年PDM市場分析調査書」。
同調査では、2000年の売上実績(数量ベース)で「Obbligato」が22.0%のシェアを獲得している。

<本件に関するお客様からの問合せ先>

三洋電機 マルチメディアカンパニー
光メディアデバイス事業部 総務部 高橋

電話: (0276)61-8014


NEC 第一製造業ソリューション事業部
エンジニアリンググループ

電話: (03)3456-7474


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002