NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



NEC YRP技術センターの竣工について

2002年10月21日

日本電気株式会社
NEC YRP技術センター
「NEC YRP技術センター」


NEC(代表取締役社長:西垣浩司、本社:東京都港区)はこのたび、神奈川県横須賀市の「横須賀リサーチパーク(以下YRP)」内に「NEC YRP技術センター」を建設してまいりましたが、このほど竣工の運びとなりました。

新センターの敷地面積は約11,360m2(3,440坪)、鉄骨造6階建で延べ床面積は6,870m2(2,080坪)、総投資額は約40億円となっております。本センターでは、第三世代携帯電話と今後研究開発が本格化する第四世代携帯電話以降の、携帯電話端末の最先端技術開発ならびに携帯電話インフラシステムのソフトウェア開発を行います。同センターには開発人員として、携帯電話端末向けに約250名、携帯電話インフラシステムのソフトウェア開発向けに約350名の計600名が入居し、開発業務を平成14年11月から開始いたします。本センターは、現在、当社の同分野の開発部門が置かれている横浜事業場(横浜市都築区)に次ぐ規模となります。

近年、携帯電話端末およびインフラシステムの高度化、高速・多機能化が急速に進み、これらを実現するための端末の最先端技術開発ならびにインフラシステムのソフトウェア開発の重要性が増大しております。YRP地域は、既に携帯電話関連の通信事業者、メーカ、各種研究機関や施設が集結した世界最大規模の携帯電話関連技術研究開発地域として整った環境下にあり、進出している関連企業、機関との開発における連携も容易であることから、NECとしては、端末の最先端技術開発とインフラシステムのソフトウェア開発に最適であると判断し、同センターを設置したものです。

当社は、横浜事業場の他にも、埼玉、米国、英国、フランス、中国、オーストラリア等に携帯電話関連の開発拠点を有しておりますが、新センターは、これらとの連携により、端末の最先端技術開発とインフラシステムのソフトウェア開発を行ってまいります。

新センターの概要については、別紙をご参照ください。

以上


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002