NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



FTTHアクセス、無線LANアクセスに対応した公衆アクセス用L2スイッチの発売について

2002年11月06日

日本電気株式会社
「CX2510-FE」 「CX2610-FE」
「CX2510-FE」 「CX2610-FE」
「CX2690-AE」 「CX2700-R80G」
「CX2690-AE」 「CX2700-R80G」

NEC(NECネットワークス)はこのたび、帯域管理機能と、認証機能を充実し、様々なアクセスインタフェースに対応するLayer2(L2)スイッチ(注1)のシリーズとして、CX2510、CX2610,CX2690,CX2700を製品化し、本日から販売を開始いたしました。(注2)
NECは新製品を、加入者にFTTHや無線LANなどのブロードバンド通信によるISPへのアクセス網を提供する通信事業者、VoIP等多様なサービスを広域L2スイッチネットワークで企業に提供する通信事業者向けに販売してまいります。

昨今、インターネットへのアクセス網の多様化、高速化と常時接続が進んでいますが、インターネット加入者からISPのエッジに至るアクセスインタフェースは多様になっており、これらの収容が課題となっています。また、各加入者のISPへの認証と接続を効率的に実施することも課題となっています。一方企業は、通信事業者が提供する広域L2スイッチサービスを用いて企業網を構築する事例が増加していますが、VoIP等の多様なネットワークサービスのサービス品質を維持できる広域L2スイッチサービスの実現が課題となっています。
新製品は、これらの課題を解決するために、通信事業者が多様で高速化するアクセスインタフェースの収容と、多様なネットワークサービスに対応可能な企業網を構築する上で求められる豊富なQoS機能を持つ広域L2スイッチサービス用の各種機能を実現しております。

新製品の主な特長は以下のとおりです。

  1. CX2510

    CX2510シリーズは、加入者を直接収容するL2スイッチであり、専用のメディアコンバータ(注3)との対向による効率的な光アクセスの他に、Fast Ether、VDSLアクセスのシリーズがあります。VoIPとインターネットアクセスサービスを混在させる際にVoIPを優先する優先制御機能、専用線の代替として企業ユーザが広域L2スイッチサービスを利用する際に帯域を保証する最低帯域保証機能、双方向の最大帯域を設定することで帯域貸しが可能となる最大帯域制限機能等を持つため、通信事業者が、多様なインタフェースのユーザに対して広域L2スイッチサービスを提供することが可能となります。

  2. CX2610

    CX2610シリーズは、高機能L2スイッチであり、専用のメディアコンバータ(注3)と対向しての光アクセス、Fast Etherアクセスのシリーズがあります。高度なQoS制御機能を持ち、ユニキャスト、マルチキャストのそれぞれのトラヒックに対しての帯域制御機能を持つため、高品質な画像配信サービスにも適用可能です。ベストエフォート型のインターネットサービスに対しても、異なる重み付けの最低帯域保証を設定することで、一般、SOHOユーザを快適に収容可能です。ユーザ間の品質差別化制御、ユーザ内トラヒックの優先制御機能により、通信事業者が多彩な料金設定で広域L2スイッチサービスを提供することが可能になる高度なQoS制御を実現しています。

  3. CX2690

    CX2690シリーズは、ATMアクセス-Etherサービス変換機能を実現することで、ATMアクセスに対応する製品です。ATMアクセスにおけるきめ細かなQoS制御が設定可能で、更にEtherポートでの4クラスのQoSクラスも設定可能です。また、ATMクラスに対してVLAN(注4)変換処理機能を持つため、通信事業者がATMインタフェースでアクセスするユーザに広域L2スイッチサービスを提供することが可能となります。

  4. CX2700

    CX2700シリーズは、スイッチング容量80Gbpsと160Gbps、ギガビットイーサを40本または80本収容できるスイッチであり、将来10ギガビットイーサの収容も計画しています。8レベルの優先制御、最低帯域保証、最大帯域制限を設定することが可能です。CPU部、SW部、電源部ともにホットスワップ可能な冗長構成を採用し、1秒以内でのCPU部、SW部の高速切り替えが可能であるため、ユーザデータにほとんど影響を与えずにファイル更新等が可能となり、通信事業者が高信頼な広域L2スイッチサービスを提供することが可能となります。

新製品の販売価格は、CX2510シリーズが、39万円から、CX2610シリーズが、94万円から、CX2690シリーズが600万円から、CX2700シリーズが600万円からとなっており、販売目標としては、今後3年間で4シリーズ合計50,000台を見込んでおります。

NECはこれまでに、高信頼性IPスイッチルータ、ネットワーク・インフラストラクチャ・サーバ群、インターネットアクセスノードおよびメディアゲートウェイなどのIPネットワーク対応製品「CXシリーズ」を、「BQOS」(注5)を実現する製品群として製品化してまいりました。今回の「CX2510シリーズ」「CX2610シリーズ」「CX2690シリーズ」「CX2700シリーズ」の追加によってCXシリーズの製品ラインアップの更なる拡充とトータルソリューションが一層強化されるものであります。

新製品の特長の詳細および仕様については、別紙をご参照ください。

以上


(注1) L2スイッチ:レイヤ2プロトコルでスイッチングする装置であり、LANで主に使用されるイーサネットを用いるため、イーサネットスイッチ、またはLANスイッチとも呼ばれる。
(注2) 出荷時期については、CX2510-VDが2003年1月、CX2700-R160Gが2003年3月、他の機種は2002年11月出荷開始。
(注3) CX2100-MCは、CX2510-MCとCX2610-MCとのみ対向を保証。
(注4) VLAN:バーチャルLAN識別子により論理的なLANを定義することで、広域に離れた端末を同じLANに収容しているように扱える。バーチャルLANという。
(注5) BQOS(ビーコス):「BQOS」ビーコス、という提案。
IT時代のインターネットにおけるビジネスは、高品質なネットワークの視点から考えるべきという視点に立って、NECは様々な要求に高度なQoS(Quality of Service)機能で応える製品群とそれらによる付加価値あるソリューションを提供する。ミッションクリティカルなIP通信に応える信頼性、シンプルかつ拡張性と柔軟性のあるネットワーク構築、アプリケーションの可能性を広げるIPv6、さらにはTCOの削減まで、BQOSはネットワークを最適化し、ビジネス開拓につなげるこれからの発想で、次世代のビジネス環境を提案する。
詳しくは次のURLを参照下さい。http://www.ias.biglobe.ne.jp/IPNW/BQOS/

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

NECネットワークス NTT事業本部/国内事業本部

電話: 03(3798)1428
e-mail: info@bpd.jp.nec.com

本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2002