NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



ディレクトリサーバ「EnterpriseDirectoryServer」が世界最高レベルの性能を達成
〜大規模ミッションクリティカルシステムでの活用拡大を推進〜

2003年04月21日

日本電気株式会社

NECはこのたび、ディレクトリサーバ製品「EnterpriseDirectoryServer」の性能向上を図り、ディレクトリサービスの処理性能を測定する業界標準のベンチマークテスト「DirectoryMark1.2」(注1)について、2,782DOPS(CLASS1)(メッセージ検索の場合2,689件/秒、注2)の性能を達成いたしました。

これは、社内システムの利用者認証などを行なう場合、1秒間に2,689人の検索処理に対応できることを意味しており、大規模なシステム環境での迅速かつ安全性の高い利用者認証に適していることを実証するものであります。また、このたびの性能値は、メッセージ検索において、現行製品に比べ1.5倍に相当するものであり、競合他社製品との比較においても最高性能(注3)となるものであります。

「EnterpriseDirectoryServer」は、部門や役職など所属する従業員の情報(アカウント情報)を統合的に管理することで、企業における業務システムやグループウェア、メールシステムなどの利用者認証を一括して行なうシングルサインオンなどを実現するものであります。また、電子証明書を利用したPKI(注4)システムや、VPN・VLAN・無線LANなどのネットワーク認証での利用など、システム全体のセキュリティ強化を実現するものであります。さらに、人事異動時に発生する人事情報やアクセス権情報の登録・削除・更新作業を一元化し、TCO(注5)削減を可能といたします。これまでに、経済産業省をはじめとした政府電子認証プロジェクトなどの豊富な導入実績を有しております。
NECでは、アカウント情報へのアクセス効率の向上を目的として、内部データ構造の改造やダイナミックステップの削減(注6)などにより、「EnterpriseDirectoryServer」の性能向上を実現いたしました。

業務システムやグループウェア、メールシステムなど数万人規模のアカウント情報をディレクトリサーバに統合する企業があらわれており、ディレクトリサーバの性能が企業システム全体の性能を左右することとなるため、安全かつスムーズな業務運営を実現する上で、ディレクトリサーバの性能向上は重要な要素となっております。そのためNECでは、このたびの性能達成をふまえ、大規模ミッションクリティカルシステムでの「EnterpriseDirectoryServer」の活用拡大を推進してまいります。また今後、Windowsに加え、HP-UX、Solaris、Linux(注7)の各OSプラットフォームについても同様の性能向上を図っていく予定であります。

このたびの性能記録値、システム環境は以下の通りであります。

(1) 性能記録値
  1秒間の処理件数 2,782DOPS(Class1)
(2) 測定システム
  サーバ Express5800 140/Hb
  CPU PentiumIII Xeon 800MHz × 4個
  システムメモリ 1.5GB
  OS Windows2000 Server
  ディレクトリサーバ EnterpriseDirectoryServer Ver4.0 β版
(3) 処理概要  
  サーバ上にある1万から10万件のデータに対して10クライアントからフィルター条件によって指定されたエントリをランダムに取得する要求を実行し、返却する処理を10分間繰り返す。
(4) 「EnterpriseDirectoryServer」の特長
 
業界標準のLDAPv3(Lightweight Directory Access Protocol version 3)、X.500、TLS(Transport Layer Security)に準拠している。
10億人分を超える大量の認証データを格納できる大規模性を有している。
ユーザ情報を格納するのに必要な属性を追加できる拡張性を有している。
データベースエンジンを搭載しているためトランザクション異常時のリカバリー機能を実現して信頼性を高めており、ミッションクリティカル分野での使用に適している。

以上


(注1) Mindcraft社が提供するディレクトリサービスの性能を測定する業界標準のソフトウェア
http://www.mindcraft.com/
(注2) DOPS(DirectoryMark Operations Per Second):1秒間当たりのディレクトリサーバに対する命令数。データロード22,396件/分、メッセージ検索2,689件/秒、アドレス検索1,241件/秒をそれぞれ、4%、48%、48%の比率を加算したもの。
(注3) NEC調べ
(注4) PKI(Public Key Infrastructure): 公開鍵暗号方式を用い電子証明書・電子署名を利用する認証システム。
(注5) TCO(Total Cost of Ownership):情報システムを管理、運営するコスト。
(注6) LDAPサーバに対するアクセスで実行されるCPU時間を関数ごとに測定し、関数ごとの目標のCPU時間とのギャップを分析、逐次修正し、処理をスリム化した。
(注7) HP-UXは、米国Hewlett-Packard Companyのオペレーティングシステムの名称。
Solarisは、米国Sun Microsystems, Inc.の登録商標。
Windows、Windows NTは、米国およびその他の国における米国Microsoft Corporationの登録商標。
Linuxは、Linus Torvaldsの米国およびその他の国における登録商標または商標。

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

NEC 第二コンピュータソフトウェア事業部 折戸/大前

電話: (042)333-5067
e-mail: dbinfo@dbg.bs1.fc.nec.co.jp

本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2003