NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



BIGLOBEのアジア向け事業強化について
〜国内コンテンツプロバイダ向け海外展開パートナーサービスを開始〜

2003年04月28日

日本電気株式会社

NECのインターネットサービス「BIGLOBE」はこのたび、アジア向け事業強化策の一環として、国内で培ってきたコンテンツ収集事業者(コンテンツアグリゲーター)としてのノウハウ、NECのアジア現地法人、現地大手キャリアやISPとのパートナーシップを活かして、ブロードバンドを中心とする国内コンテンプロバイダ向けの「海外展開パートナーサービス」を5月1日より開始いたします。

昨今、国内市場においては、動画をはじめとするコンテンツ・サービスが求められているなか、その制作にかかわるコストは増加しており、コンテンツ・プロバイダからは、海外へのコンテンツ事業を展開するため、販売先の拡大を求める声が高まっております。一方、日本の音楽、ゲーム、アニメなどの人気が非常に高いアジア地域では、ブロードバンドの急速な普及によるコンテンツの充実が求められております。

BIGLOBEではこのような市場ニーズに対応するため、アジア向けに付加価値サービス事業の強化を図ってまいります。具体的には、携帯電話の着信メロディなどを提供する「モバイルコンテンツの海外キャリア向け拡販(注1)」、広告や市場調査など国内企業の海外展開をサポートする「eマーケティング事業」、今回サービスを開始する「コンテンツプロバイダ向け海外展開パートナーサービス」の3つの戦略を柱にしたものであります。

今回開始する「海外展開パートナーサービス」は、海外でのコンテンツ流通プラットフォームの提供からサイトの保守・運用、ローカライズ支援や課金代行など、海外事業展開に必要なサービスを一貫して提供するものであり、国内コンテンツプロバイダの海外進出を全面的にバックアップするものであります。

新サービスの特長は次の通りであります。

  1. 現地ISPと連携して、流通チャネルや課金・回収代行サービスを提供

    BIGLOBEが連携している現地ISPのプラットフォームを提供することにより、コンテンツプロバイダは、新たに現地でパートナーを探すことなくサービス提供が可能である。また、現地ISPの認証・課金・回収のシステムを利用することにより、料金の回収リスクを軽減できる。

  2. コンテンツサービスの規模に応じて、現地ホスティングサービスを提供

    コンテンツサービスの規模に応じて、現地ISPが保有しているインターネットデータセンター(IDC)のホスティングサービスを提供することで、ストリーミングや音楽などの大容量のコンテンツも、日本から海外への回線状況に左右されずに現地でのスムーズな配信が可能である。

  3. 現地ISPとNECの現地法人が連携してアフターサービスを提供

    サービス開始後の利用者の問い合わせには、現地ISPのカスタマーセンターとNECの現地法人が連携し、アフターサービスを提供する。

  4. 現地での市場調査実施やプロモーション活動を支援

    NECの現地法人や現地ISPが連携して、サービス開始前の市場調査やテストマーケティングをサポートする。また、現地ISPのWebやダイレクトメールなど様々なチャネルによるプロモーションに関しても支援する。

BIGLOBEでは、今回開始するサービスの第一弾として、台湾の中華電信股image有限公司(注2)のインターネットサービス「HINET」と共同で開設した、日本のテレビ番組やファッションなどを紹介する哈日(ハーリー)ポータル「日本情報発信基地」(注3)上で、オスカープロモーション社(以下、オスカー)(注4)のコミュニティファンクラブ「オスカーランド」の有償コンテンツ配信の支援を行います。
なお、本月12日には、オスカーは、今回のホームページ立ち上げの記念として、現地にて、中華電信股image有限公司主催のオスカー所属タレントによりプロモーションイベントを実施いたしました。
今後、BIGLOBEでは、「日本情報発信基地」上でアニメやゲームなどのブロードバンドコンテンツの展開支援を進め、そこで形成されるコミュニティを活用した広告事業やeコマース事業などのeマーケティング事業への拡大展開を進めることで、2005年度末までには、中国をはじめとするアジア地域で約50億円以上の売上をあげる予定であります。

BIGLOBEでは、このようなニーズに対応するため、これまで付加価値サービス事業で培ってきたノウハウと海外で築いた強いパートナーシップを活用し、海外への事業展開を計画している日本企業のサポートを強化してまいります。

以上


(注1) 一部着メロや占いといったモバイルコンテンツは提供済み
(注2) 中華電信股image有限公司(Chunghwa Telecom Co., Ltd.)は台湾国内および国際電気通信事業を手がけ、関連事業およびMinistry of Transportation and Communicationsが認可するその他のベンチャー事業への投資を行っていいます。同社は、優れたサービス、進取的な経営および継続的なパフォーマンス向上を通じて世界や人々とリンクして、ワールドクラスの電気通信事業者への仲間入りを目指しており、革新、スピード、信頼性、簡易性および経済性の達成に尽力しています。(中華電信URL http://www.cht.com.tw )
(注3) 「哈日族(ハーリーズー)」と呼ばれる、日本のテレビドラマ、タレント、ファッション、アニメ等を熱狂的に支持する人々のことを称して言う。台湾より発生したこの現象は、北京、シンガポール、香港、上海等にも広がりを見せている
(注4) オスカープロモーション(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:古賀誠一、米倉涼子、菊川怜ら女優、タレント/モデル等2,500名が所属)

<参考URL>

「日本情報発信基地」の詳細

http://japan.hinet.net/

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

NEC BIGLOBEカスタマーサポート

TEL: (0120)86-0962
http://support.biglobe.ne.jp/ask.html

本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2003