NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



「Microsoft .NET Framework」に対応したアプリケーションサーバ「ActiveGlobe WebOTX/COM Ver3.0」を共同で開発

2003年05月27日

日本電気株式会社
マイクロソフト株式会社

日本電気株式会社(代表取締役社長:金杉 明信、本社:東京都港区、以下 NEC)はこのたび、マイクロソフト株式会社(代表取締役社長:阿多 親市、本社:東京都渋谷区、以下 マイクロソフト)と共同で、マイクロソフトのソフトウェア開発・実行環境「Microsoft(R) .NET Framework」(注1)に対応したアプリケーションサーバを新たに開発いたしました。NECでは、新製品「ActiveGlobe WebOTX/COM Ver3.0 (アクティブグローブ・ウェブオーティエックス・コム)」の販売活動を本日から開始いたしました。
また、両社では、「ActiveGlobe WebOTX/COM Ver3.0」についてマーケティング活動やサポートなど販売面でも協業いたします。

「ActiveGlobe WebOTX/COM Ver3.0」は、NECが有するシステムの信頼性・可用性・運用性の向上を図るプラットフォームテクノロジー「VALUMO(バルモ)」と、マイクロソフトが有するソフトウェアの高い開発生産性を実現する「Microsoft .NET Framework」関連技術を結集して開発したものであります。NECおよびマイクロソフトは、国内外の企業・官公庁などに対して、「ActiveGlobe WebOTX/COM Ver3.0」を活用した信頼性・拡張性の高い基幹業務システムや、WebサービスなどのEビジネスシステムを共同で提案してまいります。

このたびの共同開発は、NECおよびマイクロソフトが平成13年10月に締結した戦略的提携関係に基づくものであります。

「ActiveGlobe WebOTX/COM Ver3.0」の主な特長は以下の通りであります。

  1. 既存のアプリケーション資産の活用が可能

    「Microsoft .NET Framework」を活用して新たに開発したアプリケーションと、Microsoft Visual Basic(R)で開発した既存のアプリケーションを同時に稼動させることを可能としている。これにより、ユーザ企業は、既存のアプリケーション資産を活用しながら段階的なシステム移行を実現することができる。

  2. 信頼性・可用性の高いシステム構築が可能

    アプリケーション障害に対する自律復旧機能や、高負荷状態において業務処理性能を保証する自律調整機能を備えている。これにより、信頼性・可用性の高いシステム構築を実現することができる。

販売面での協業内容は以下の通りであります。

  1. 販促タスクチームの発足

    共同開発した「ActiveGlobe WebOTX/COM Ver3.0」の提供を推進するため、両社共同でユーザ企業に対する提案活動を行なう30名体制のタスクチームを確立する。両社の要員によるタスクチームにおいて、提案案件の相互紹介や提案対象企業に関する情報共有、デモ施設の相互利用などを行なうことで、販売活動の強化・拡大を図る。

  2. 検証システムの構築

    共同開発や動作検証、ユーザに対するデモなどを行なうためにNECの「iBestSolutions Center(アイベストソリューションズセンター)」(東京都港区)に検証システムを構築し、両社共同で活用する。また、システム構築にあたっては、Windows Server製品に関するITコンサルティングサービスやシステム構築支援などを行なう「Windows SI Support Center」が対応する。

  3. 共同マーケティング・サポートの実施

    共同セミナーの開催や展示会での協力、共同広告の実施など、マーケティング活動や販売推進活動での協力を行なう。具体的な取り組みとして、6月10日・11日にNECが開催する「NEC e-Trend Conference&Fair」(東京国際フォーラム)において、「ActiveGlobe WebOTX/COM Ver3.0」を共同で出展する。
    また、ユーザの技術問い合わせの対応やバージョンアップ情報の提供、障害発生時の調査・対応情報の提供などのサポートを両社共同で行なう。

「ActiveGlobe WebOTX/COM Ver3.0」の提供価格は50万円からであり、出荷開始時期は本年6月25日の予定であります。
NECおよびマイクロソフトでは、「ActiveGlobe WebOTX/COM」について、今後3年間で1000本の販売を見込んでおります。
NECでは今後、ミドルウェア製品群「VALUMOウェア」や、「ActiveGlobe WebOTX/COM」を基盤として活用した業種パッケージ製品についても「Microsoft .NET Framework」への対応を推進してまいります。

近年、企業間競争の激化や、携帯電話を含むインターネット利用の拡大が急速に進展していることにともない、24時間365日の安定的なシステム稼動や、業態や市場動向に応じてシステムの迅速な構築・拡張を実現する柔軟性を実現したシステムを求める声が高まっております。
両社では、こうした市場ニーズに応えて、これまでに400社を超える豊富な採用実績を有する、分散オブジェクト技術「COM」(注2)に対応したNECのアプリケーションサーバ「ActiveGlobe WebOTX/COM」について、「Microsoft .NET Framework」をネイティブでサポートした最初のプラットフォームである「Microsoft Windows Server(TM) 2003」への対応に向けた開発を共同で行なったものであります。

以上


(注) Microsoftは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標。
その他、記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標。

(注1) 「Microsoft .NET Framework」:
マイクロソフト社のWebサービス・アーキテクチャ「Microsoft .NET」に対応したWebアプリケーションを開発するためのフレームワーク。Webサービスを実現するためのソフトウエア・コンポーネントやライブラリの集合体である。Webサーバ用のスクリプト処理機構であるASP(Active Server Pages)をWebサービスに対応させた「ASP.NET」、Webサービス構築用のクラス・ライブラリ、異なるOSやハードウエアで共通のアプリケーションを動作させるためのランタイム・プログラムという3つの層からなる。
(注2) COM: マイクロソフト社が策定したオブジェクト間通信規約。Windows上で複数のアプリケーションやソフト部品を連携するための技術。

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

NEC ミドルウェア事業部

電話: (03)3456-3248
e-mail: info@mid.jp.nec.com

本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2003