NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



IPv6マルチキャスト映像配信ソリューションをアジア市場で販売展開

2003年05月27日

日本電気株式会社
Asia Netcom Corporation

日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金杉明信、以下NEC)と本ソリューションにおける共同のSIerであるAsia Netcom Japan社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田智雄)は、IPv6マルチキャスト映像配信ソリューション提供を共同で展開してまいります。

本ソリューションは、NECのIPv6やマルチキャスト技術とそれらを搭載したルータの提供、Asia Netcomがアジア地域に保有する広帯域光ファイバネットワークの効果的な活用ならびにIPv6アドレスの提供と、NECとAsia Netcomのシステムインテグレーション力を合わせ、通信事業者のVPNサービスも含めたトータルソリューションによって大容量の映像コンテンツを高品質・低コストで効率的に配信するサービスを実現するものです。NECとAsia Netcomは、本ソリューションを、アジア全域に提案してまいります。対象としては、日本を含め特に中国、およびその他アジア地域の各国に拠点を有する企業やサービスプロバイダ、コンテンツホルダーを当面のターゲットとしております。なお、本ソリューション第一弾として株式会社スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:細田泰、以下スカパー!)に対してIPv6マルチキャストを利用した法人向け映像配信サービス用ネットワークを受注いたしました。

同ソリューションにて3年後には全体で50億の受注を目標としております。

本ソリューションの主な特長は以下のとおりです。

  1. 広帯域・高品質でセキュリティ性の高い映像配信サービスを低コストで実現

    エンドユーザのアクセス回線にADSL、FTTHを利用することで、既存の映像配信サービスに比べ大幅に低コストでネットワークを構築することが可能となりました。また、基幹網にVPN(仮想閉域網)サービスを利用することで、通常のインターネットの影響を受けない高スループットかつセキュアな通信を確保します。

  2. IPv6 マルチキャストを利用して効率的な映像配信ネットワークを構築

    通常、配信される映像ストリームでは〜6Mbps程度であり、複数拠点に対して個々に映像を配信する場合にはサーバに膨大な負荷がかります。本ソリューションは、IPv6の標準仕様であるIPv6マルチキャストを利用することで、映像配信サーバへの負荷を軽減し、高品質な画像を効率的に配信することが可能となりました。

  3. 既存の問題点を解決し将来の拡張性も備えるIPv6を採用

    複数拠点を結ぶVPNを構築する際に問題となっていたIPv4プライベートアドレスが重複する問題を解決し、既存LAN環境を変更することなくサービスのスムーズな導入が可能となりました。また、IPv6を利用する事で将来のネットワークサービスの拡張にも備えます。IPv4では実現が難しかった移動体通信用のプロトコルであるMobileIPや、IPv6を利用することでよりシームレスなサービスが可能となるVoIP等への拡張が可能となり、これらを利用して新たなサービスを開発可能となります。


【スカパー!のシステムを構築】
なお、本ソリューション提供の第一弾として、両社は、スカパー!から、IPv6マルチキャストを利用した法人向け通信サービス用ネットワークを受注いたしましたが、同サービスがこの4月より、開始されました。すでに株式会社ガリバーインタナショナル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:羽鳥兼市)が導入しております。同サービスはIPv6を利用した、企業向けとしては日本初の商用通信サービスとなります。本システムには、映像配信センターのコアルータとして、NECのIPv6マルチキャスト対応ルータIX5000が、また配信される各拠点には高速アクセスルータIX2000が採用されております。

本システムの採用により、衛星による通信サービスが提供不可能な箇所も含め広い範囲に、映像などの大容量コンテンツを高品質に効率よく配信できることから、スカパー!としては、様々な業種業態のユーザを想定しています。また将来的には、Mobile IPや、VoIP等IPv6の特性を活かしたより先進的なサービス開発・提供を計画しています。

NECとAsia Netcomは、このたびのスカパー!へのシステム導入を契機に、本ソリューション提供を拡大してまいります。NECとしては、IPv6マルチキャストを利用した映像配信のみならず、VoIPに代表されるピアツーピア・アプリケーションやMobileIPを利用したユビキタスオフィスなど、IPv6技術でユーザのニーズに応えてまいります。

Asia Netcomとしては本ソリューションを通じて、アジア域内にネットワークを予定のお客様向けにさまざまなネットワークソリューションを提供していく予定です。

以上


(*注)語句説明

IPv6:
アドレス数の枯渇が懸念される現在のIPv4に代わり今後普及が見込まれる技術で、IPアドレスの数は事実上無限になる。セキュリティやマルチキャストの概念が標準化当初からビルトインされており、IPv4では実現できなかった数々のサービスを可能にする期待がもたれている。
 
マルチキャスト:
送信元は1つの宛先にのみ映像などのデータを送り出し、経路途中のルータにより必要分だけコピーして複数地点に配信することにより、トラフィックの増加を抑え、限られた回線の帯域を効率よく利用するための技術。

本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2003