NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



QTNetのFTTHサービス「BBIQ」用アクセス認証システムを構築
〜FTTHサービスにおいて、国内で初めてレイヤ2認証システムを採用〜

2003年06月03日

日本電気株式会社

NECはこのたび、九州通信ネットワーク株式会社(代表取締役社長:田中 進、本社:福岡市中央区、以下QTNet)から、同社のFTTHサービス「BBIQ(ビビック)」用のアクセス認証システム(以下 レイヤ2認証システム)を受注し、このほど稼動を開始いたしました。
QTNetでは、FTTHサービスの急伸を受け、九州全県へのサービス展開を開始しておりますが、NECがこのたび構築したレイヤ2認証システムはユーザ認証、およびトラフィック振り分けを支えるものであります。

このたびのシステムは、レイヤ2認証対応スイッチ「CX2000シリーズ」、ならびにレイヤ2認証サーバ「CX6820-LA」により構成された経済的なアクセス認証システムであります。レイヤ2認証システムは、LANアクセスと同等のネットワーク環境を提供しつつ、ユーザ認証やトラフィック振り分けなどを実現することで、低コストかつ高速・高品質なネットワークを提供いたします。

特に、今回の受注は、国内のFTTHサービスのアクセス認証システムとしては初の採用であり、レイヤ2認証システムの将来性が高く評価されたことによるものであります。QTNetでは、本システムの導入により、今後、より高品質・高信頼性を確保した「BBIQ」サービスの提供や、柔軟なサービス拡充を実現することが可能となります。

NECでは、レイヤ2認証システムを商品化して以来、通信事業者のトライアルや研究評価用に採用された実績を有しておりますが、通信事業者向けとして、さらなる高信頼性に対応したシステムへと改良を行い、商用第1号導入を実現いたしました。

NECでは、ブロードバンドサービス市場の拡大、FTTHサービスの本格化などにより、今後、レイヤ2認証システムの商用導入が拡大するものと見込んでおります。また、このたびのQTNetへのシステム導入を契機にレイヤ2認証システムの販売活動を積極的に展開し、通信事業者に対して、今後3年間で100システムの販売を目指してまいります。

以上


<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

NEC ビジネス開発本部

電話: (03)3798-1428

本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2003