NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



BIGLOBEが中国最大のポータルサイト事業者とモバイルコンテンツ事業者と相次いで提携
〜 モバイルコンテンツの海外展開パートナーサービスを強化 〜

2003年06月23日

日本電気株式会社          

NECのインターネットサービス「BIGLOBE」はこのたび、国内の携帯電話コンテンツプロバイダ(以下、モバイルコンテンツプロバイダ)に向けた「モバイルコンテンツの海外展開パートナーサービス」の強化のため、会員総数6千万人、有料会員1千万人を有する中国最大のポータルサイト事業者である「新浪(SINA)」および同国最大のモバイルコンテンツ事業者である「空中網(COTA)」と相次いで提携いたしました。

BIGLOBEは、従来からNECの海外現地法人、現地大手キャリアやISPとのパートナーシップを活かして、各種ライセンス契約やコンテンツのローカライズ化、代金の回収、マーケティングやプロモーション支援など国内のコンテンツプロバイダの海外進出を支援してまいりましたが、今回の「新浪」と「空中網」との提携により、世界最大の携帯電話市場である中国での国内モバイルコンテンツプロバイダのビジネス展開を全面的にバックアップいたします。

なお、BIGLOBEは、2005年度末までには、中国をはじめとするアジア地域のモバイルコンテンツ事業で30億円以上の売上をあげる予定であります。

今回の提携内容は以下の通りであります。

  1. 海外事業展開に必要なサービスを一貫して提供

    BIGLOBEは、NECの中国での現地法人のひとつであるNEC中国を通じて、提携2社とのライセンス契約の代行やコンテンツの中国語へのローカライズ支援、現地でのマーケティング支援など、現地との交渉面での支援を一括して行う。また、「新浪」と「空中網」は、中国の携帯電話事業者との交渉やサービス登録、流通チャネルや認証・課金・回収のシステムの提供など、現地のサービス面での支援を全面的にサポートする。
    更に、BIGLOBEと提携2社が連携して、サービス開始後の利用者の問い合わせ応対やサービス開始前の市場調査やテストマーケティングなどをサポートし、中国国内でのビジネス展開のためのサポートを一貫して提供する。

  2. 2つのモバイルコンテンツ配信プラットフォームを提供

    中国では、PCブラウザ上からモバイルコンテンツを購入するMMS(Multimedia Messaging Service)と携帯電話のブラウザからモバイルコンテンツを購入するWAP(Wireless Application Protocol)の2つの方式があり、利用者は保有している携帯電話端末の種類や利用環境により、どちらかの方式を選択してコンテンツを入手する。今回、それぞれの方式に強い2社と提携することにより、多くの利用者へのコンテンツ配信が可能である。
    2つの配信プラットフォームの概要は次の通りである。

    MMS方式
    利用者は、PCブラウザを利用し、インターネットのポータルサイトから画像や着信メロディを選択するとともに携帯電話番号を入力すると、コンテンツデータが希望の携帯電話に送信される。最大手のポータルサイトを運営する「新浪」との提携により、中国で主流となっているPCのブラウザ上からのモバイルコンテンツを購入する利用者に効果的なコンテンツ配信が可能である

    WAP方式
    利用者はPCを使うことなく、携帯電話のブラウザから直接、携帯電話向けの専用サイトにアクセスし、希望のコンテンツを入手することができる。WAPサービスの最大手「空中網」との提携により、WAP利用者に効果的なコンテンツ配信が可能である


このたびの提携により、「新浪」は6月から日本のコンテンツプロバイダの待受け画面の提供サービスを開始いたしました。また、「空中網」も7月から日本のコンテンツプロバイダのJAVAゲームの配信を開始する予定であります。

BIGLOBEでは、今回開始いたしましたモバイルコンテンツサービスのほか、中国においてもパートナーと連携して、台湾のインターネットサービス「HiNet」と共同で開設した「日本情報発信基地」()と同様なポータルを立ち上げて、日本のコンテンツプロバイダの有償コンテンツの配信を支援してまいる予定であります。

中国の2002年の携帯保有者数は2億人(普及率約15%)以上であり、世界最大の携帯市場であります。同国では2000年から携帯コンテンツサービスも始まっておりますが、最近では携帯端末の低価格化や課金インフラの整備が進み、コンテンツに対する関心もそれに比例して高まってきております。特に、ニューリッチと呼ばれる都市部の人口の2〜3割を占める富裕層や都市部の人口の5割を占める中間層の携帯コンテンツの充実に対するニーズが一気に高まってきております。
一方、日本の携帯コンテンツは主要3キャリア合計で7,000を越える公式コンテンツがあり、世界一のコンテンツ数を誇っており、コンテンツプロバイダからは新たな市場開拓のため、中国市場への進出を希望する声は最近高まっております。

このたびの「モバイルコンテンツ海外展開パートナーサービス」の強化はこのようなニーズを反映したものであり、BIGLOBEでは、今後もこれまで付加価値サービス事業で培ってきたノウハウと海外で築いた強いパートナーシップを活用し、海外への事業展開を計画している日本企業のサポートを強化してまいります。

「新浪」および「空中網」の概要については、別紙をご参照ください。

以上


(注) 「日本情報発信基地」 台湾の中華電信股img有限公司のインターネットサービス「HiNet」と共同で2002年8月に開設した、日本のコミュニティサービスやアニメの配信、ファッション情報などを紹介する日本情報ポータルサイト

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

NEC BIGLOBEカスタマーサポート

電話: (0120)86-0962
http://support.biglobe.ne.jp/ask.html

本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2003