NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



地上波デジタルテレビ放送が受信可能な携帯電話の開発について

2003年07月10日

日本電気株式会社          
「地上波デジタルテレビ受信機搭載携帯電話(試作機)」
「地上波デジタルテレビ受信機搭載携帯電話(試作機)」

NECはこのたび、地上波デジタルテレビ放送受信機能を搭載した通信放送融合携帯電話の試作機を開発いたしました。

地上波デジタルテレビ放送は、本年12月から東名阪・三大広域圏から順次サービスが開始される予定となっております。この地上波デジタルテレビ放送では、家庭用テレビ受信機向け放送サービス(固定受信)の高精細放送とともに、数年後には携帯電話などの携帯受信機向けの放送サービス(携帯受信)も実施されることになっております。これにより、いつでもどこでも安定したデジタル放送を地上波デジタルテレビ受信機搭載の携帯電話で見ることができるだけでなく、デジタルテレビ放送特有の映像・音声・データ放送と、携帯電話のインターネット接続機能やアプリケーション/サービス・コンテンツを組み合わせることで、通信と放送を融合させた魅力的なサービスの実現が可能となります。

本試作機は、携帯受信機向け放送を受信するために、携帯電話に搭載可能なサイズのアンテナ、UHFチューナ、OFDM(注1)復調LSIを開発し、W-CDMA方式の第三世代携帯電話機に搭載したものです。なお、OFDM復調LSIには、NECエレクトロニクス社が携帯受信向けとして2002年11月に業界で初めて製品化した「μPD61530」を搭載し、低消費電力化と極小パッケージ化を実現いたしました。また当社は、携帯電話分野のみならず、デジタル放送設備分野でも業界をリードしており、両分野の連携により、本試作機を実現したものです。

NECとしては今後、受信デバイスのさらなる特性改善、低消費電力化等の技術開発に取り組むとともに、通信と放送の融合サービス・アプリケーションやそれらを実現する端末機能に関する技術開発を進めてまいります。

なおNECでは、本試作機によるデモを、本年10月4日からスイス・ジュネーブにて開催される「テレコム2003」にて行う予定です。

以上


(注1) OFDM(Oethogonal Frequency Division Multiplexing)直交周波数分割多重。送信データを数千個の多数の直交した周波数(搬送波)に分割して伝送するマルチキャリア方式の1つで、地上波のようにゴーストがあっても良好な受信ができるように、1つの搬送波で1つの信号を表す時間を長くし、かつ時間方向にガードインターバルという信号保護領域を加えている。

本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2003