NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



「Itanium(R)2プロセッサ」搭載サーバ「TX7/i9510」がLINPACK-HPCベンチマークで世界最高速記録を達成

2003年08月22日

日本電気株式会社

NECはこのたび、インテル社の64ビットプロセッサ「Itanium(R)2プロセッサ」搭載した高性能サーバ「TX7/i9510」において、業界標準のベンチマークテストのひとつであるLINPACKのLINPACK-HPCベンチマークで、171.61GFLOPSを実測し、汎用プロセッサ・サーバの32CPU構成の世界最高速を達成いたしました。

LINPACK(リンパック、LINear equations software PACKage)ベンチマークは、米国テネシー大学のJ.ドンガラ(J. Dongarra)博士によって開発された、主に浮動小数点演算のための連立一次方程式の解法プログラムで、これによるベンチマークテスト結果は、スーパーコンピュータからワークステーション、パーソナルコンピュータに至るまで数多くの計算機について登録されております。

LINPACKによるベンチマークテストは、行列の元の数(問題サイズ)が、100元、1000元、無制限の3種類があり、今般、記録を達成したのはこのうち問題サイズを無制限に設定することが出来る「HPC」と呼ばれるもので、各計算機の最も良好な条件下で最大能力を計測するものであります。

「TX7/i9510」は「インテル(R) Itanium(R)2 プロセッサ(開発コード名:Madison)」を最大で32個搭載可能な高性能サーバで、今回のLINPACK-HPCの性能値はそのモデルの32CPU構成において達成したものであります。

以上


<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

HPC販売推進本部

電話:(03)3798−9131
E-Mail: info@hpc.jp.nec.com

本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2003