NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社案内 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



プレゼンス情報に応じたコミュニケーションサービスを実現する通信事業者向けソリューション「PARTNERSIPNET」の発売について
〜ユビキタス社会へ向けたコミュニケーションサービスの提供を実現〜

2003年09月11日

日本電気株式会社

NECはこのたび、パソコンや携帯電話などを利用し、プレゼンス情報(ユーザの状態)に応じて、映像・音声・テキストなどを組み合わせたコミュニケーションサービスや情報提供サービスなどを実現する、通信事業者向けソリューションを「PARTNERSIPNET(パートナーシップネット)」の名称で商品化し、本日から販売活動を開始いたしました。

「パートナーシップネット」の主な特長は以下のとおりであります。

  1. プレゼンス情報に応じた様々なコミュニケーションサービスを実現可能

    NECのSIP(注1)サーバ「CX6820-SS」やプレゼンスサーバ「MX7840-PR」などのサーバ製品、メッセージングソフトウェア「PARTNERSIPNET Messenger」などを組み合わせることで、ユーザの趣味・嗜好や現在の状態などのプレゼンス情報に応じて、音声・画像・動画などを組み合わせたコミュニケーションサービスや情報提供サービスなど実現することができる。また、コンサルティングからシステム構築、運用保守までを総合的に支援するため、各通信事業者の事業戦略に即したサービスを経済的かつ効率的に導入することができる。

    このたび提供するサービス内容は以下のとおり。
    (1) プレゼンスサービス
      家族・友達・職場など、ユーザが登録したメンバの現在の状態(暇、仕事中など)をリアルタイムに確認することができる。
    (2) インスタントメッセージサービス
      相手の現在の状態をプレゼンスサービスで確認した上で、リアルタイムにメッセージ通信を行うことができる。
    (3) チャットサービス
      チャットルーム内の複数のメンバ同士でインスタントメッセージを使用したチャットを行うことができる。
    (4) 音声通信/ビデオ通信サービス
      1対1の音声通信サービスやビデオ通信サービスを行うことができる。

  2. 既存の携帯電話ユーザなどを取り込んだ幅広いサービス展開が可能

    「パートナーシップネット」で提供するサービスは、メッセージングソフトウェア「PARTNERSIPNET Messenger」を使用するPCユーザ間に加え、PCユーザと携帯電話ユーザ間でのインスタントメッセージサービスやチャットサービスを可能としている。携帯電話ユーザとのリアルタイムなコミュニケーションも可能としている。これにより、約7779万(平成15年7月末現在、注2)の携帯電話ユーザを取り込んだ形で、時間や場所にとらわれない新たなサービス展開を実現することができる。

  3. SIP/SIMPLEプロトコルに対応

    「パートナーシップネット」は、IETF(注3)で標準化されているSIP/SIMPLEプロトコル(注1)に対応したシステムで構成されるものであり、リアルタイムなマルチメディア通信を可能としている。また、IPネットワークやVoIPなどとの親和性が高いため、今後のユビキタス社会へ向けた、付加価値の高いコミュニケーションサービスの提供を実現することができる。

「パートナーシップネット」の提供価格は5000万円から(500ユーザ、ハード/ソフト込みのセット価格)であり、提供開始時期は本年11月の予定であります。NECでは、「パートナーシップネット」を活用したシステム構築について、通信事業者やISP・ASP事業者に対して、今後3年間で250システムの導入を見込んでおります。

またNECでは、「パートナーシップネット」を活用したサービス内容を継続して強化してまいります。今後、(1)一時的なコミュニティを形成して参加者同士のコミュニケーションを容易に実現可能とするコミュニティサービス、(2)モバイルユーザも含め、双方向かつ多地点間で画像・音声・データをリアルタイムに共有できるチャットサービス、(3)RFID(注4)センサやGPS(注5)と連携し、そこから得られる位置情報をプレゼンス情報の一つとして活用するサービスなどの開発を進めてまいります。

現在、ADSLサービスの低価格化や光ファイバーの普及など、ブロードバンド環境が拡大しております。これにともない、通信事業者やISP・ASP事業者では、データ系サービスと音声系サービスを統合することで、コミュニケーション効率の向上、サービス品質や生産性向上など、ユビキタス社会に向けた新たな付加価値サービスが模索されております。
「パートナーシップネット」は、こうした市場ニーズに応えるものであります。

NECでは、各種業務・業種向けシステムと通信ネットワークの一体化を図った「IT・ネットワーク統合ソリューション」の提供を通じて、お客様のビジネス革新への貢献を目指しております。このたびの「パートナーシップネット」の提供をはじめ、今後も音声とデータを連携させた付加価値の高いソリューションサービスの提供を拡大し、効率的なコミュニケーションの実現や新しいワークスタイルの創造などを推進してまいります。

「パートナーシップネット」を活用したサービス例については別紙をご参照ください。

以上


(注1) SIP:Session Initiation Protocol
VoIPを応用したインターネット電話などで利用される通話制御プロトコル。転送機能や発信者番号通知機能などの機能を有している。
SIMPLE:SIP for Instant Messaging and Presence Leveraging Extensions SIPをベースとしたIM(インスタントメッセージ)用のプロトコル。
(注2) 社団法人 電気通信事業者協会 調べ。
(注3) IETF:Internet Engineering Task Force
TCP/IPをはじめ、インターネット関連技術の標準化団体。
(注4) RFID:Radio Frequency IDentification
無線ICタグを活用したIDシステム。非接触通信によって交信することで、随時、必要な情報を取り出したり、新たな情報を書き込んだりすることができる。
(注5) GPS:Global Positioning System
GPS衛星(人工衛星)から電波を受信し利用者の現在地(緯度・経度・高度)を得るためのシステム。

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

NEC ビジネス開発本部

電話: (03)3798-1428
e-mail: info@bpd.jp.nec.com

本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2003