NEC NECのスローガン NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社概要 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



内部からの不正なデータの持ち出しなど様々な情報漏えいリスクに対応する「情報漏えい対策ソリューション」の強化について
〜セキュリティソフトを拡充し、導入目的に応じた対策パターンを提供〜

2004年05月06日

日本電気株式会社

NECはこのたび、現行の「情報漏えい対策ソリューション」について、内部からの情報漏えいを防止するセキュリティソフト3種を拡充するとともに、企業の導入目的に応じて複数のセキュリティ製品を組み合わせた対策パターン7種を提供するなどの強化を図り、本日から販売活動を開始いたしました。

このたびの「情報漏えい対策ソリューション」の強化は、内部からの情報漏えいを防止するデータベース・セキュリティ監視ソフトなど3製品を新たに販売開始し、NECが提供する情報漏えい対策製品を13種へと拡充するものであります。
また、セキュリティ対策が複雑化・多様化する中で、どのような対策をどのレベルまで行なえば良いか分からないというユーザの戸惑いに応えるため、(1)一般社員によるデータベースへの不正アクセスなどを防御・監視する「業務システム機密情報漏えい対策」、(2)社外におけるパソコンなど情報機器活用を対象とする「外部持ち出し情報保護対策」、(3)電子メールでの情報漏えいを防止する「メール/Web経由情報漏えい対策」など、このたび拡充した情報漏えい対策製品やサーバ、各種サービスなどを組み合わせた対策パターン7種を提供いたします。
これにより、ユーザは情報漏えい対策の方針を明確化するとともに、情報漏えい対策システムの構築を短期間かつ経済的に実現することが可能となります。

このたびの主な強化内容は以下の通りであります。

1. 情報漏えいを防止するセキュリティソフトを拡充

内部からの情報漏えいを防止する以下の3製品の販売を新たに開始する。

(1) データベース・セキュリティ監視ソフト「IPLocks(アイピーロックス)」
データベースを常時監視し、情報漏えい、不審なアクセス、セキュリティルール違反、データ破壊・改ざんなどを検知することや、データベースの脆弱性を検出することができる。
■開発元:米国IPLocks社(注1)  
■標準価格:210万円〜(税別;監視対象1データベースの場合の価格)

(2)

ファイル暗号化ソフト「SecureWare(セキュアウェア)/ファイル暗号化ツール」
任意のファイルを容易に暗号・復号化することができる。また、個人での利用に加えて、グループ内での暗号化ファイルの共同利用を可能としている。
■開発元:NEC 
■標準価格:8000円〜(税別;1ライセンスの場合の価格)

(3)

メールフィルタリングソフト「MAILsweeper for SMTP(メールスウィーパー フォーエスエムティーピー)」
電子メールの本文や添付ファイルを、あらかじめ指定した機密情報に関わるキーワードやデータ形式などのポリシーに従って検査を行なうことで、メールの送信を制御することができる。
■開発元:英国Clearswift社(注2)
■標準価格:55万円〜(税別;50ライセンスの場合の価格)

2.

ユーザ企業の導入目的に応じた対策パターンを提供

「業務システム機密情報漏えい対策」(標準価格(税別):900万円〜)、「外部持ち出し情報保護対策」(同:200万円〜)、「メール/Web経由情報漏えい対策」(同:200万円〜)など、守るべき情報資産の状況・場所・脅威などに応じて、複数の情報漏えい対策製品やサーバ、導入支援サービスなど各種サービスを組み合わせた対策パターン7種を提供する。
対策パターンでは、NECが培ってきたセキュリティシステム構築実績・ノウハウに基づき、組み合わせ検証を行なった複数のセキュリティ製品や、ポリシー策定から運用設計までのノウハウを提供することで、情報漏えい対策システム構築を短期間かつ経済的に実現することができる。今後、NECでは、対策パターンの種類を順次拡張する。

NECでは、「情報漏えい対策ソリューション」について、今後3年間で800ユーザへの販売を見込んでおります。

近年、パソコンやインターネットの普及にともない、社会インフラとしての情報システムの重要性が急速に高まっております。しかしながら、こうした動きにともない、内部からのデータの持ち出しやインターネットを介した不正侵入が多発しており、顧客情報や機密情報の漏えい・改ざんなどの脅威への対応が不可欠となっております。一方、情報漏えいのリスクや必要な対策は非常に多岐にわたるため、企業・官公庁においては、何から対応すべきか分からない、という声が増大しており、確実なセキュリティ運用を短期間かつ経済的に実現したいというニーズが高まっております。
このたびの「情報漏えい対策ソリューション」の強化は、こうしたニーズに応えるものであり、今後も引き続き強化を図ってまいります。

「情報漏えい対策ソリューション」は、NECのセキュリティソリューション体系「iBestSolutions/Security(アイベストソリューションズ/セキュリティ)」に位置づけられるものであり、概要については別紙をご参照ください。

以上


(注1) IPLocks,Inc.
本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、President and CEO:坂本 明男
(注2) Clearswift Limited.
本社:英国バークシャー州シール、CEO:David Guyatt
(注) 記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

NEC Webサービスソフトウェア事業部

電話:(03)3456−6436
eメール:soft@security.jp.nec.com

本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2004