NEC Empowered by Innovation NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社概要 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



WEBコンテンツのアクセシビリティに関するJIS規格への適合を自動的に検査するツールを開発

2004年06月21日

日本電気株式会社

NECはこのたび、WEBコンテンツのアクセシビリティに関するJIS規格(JIS X 8341-3:高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ)への適合を自動的に検査するツールを開発しました。

このたび開発したツールは、本年6月20日に制定される予定のJIS規格にいち早く対応したもので、主な特長は以下の通りです。

  1. WEBコンテンツがJIS規格に適合しているかどうかを自動的にチェックし、該当箇所を表示することができるため、チェック結果で指摘された箇所のみを確認して修正すればよく、JIS規格適合のためのWEBサイト制作者の工数及び出荷判定にかかる時間を大幅に削減。

  2. JIS規格の項目をルール化し、要修正項目と要確認項目に自動的に分類できるため、規格への適合検査をもれなく正確に行なうことが可能。

従来は、すべてのソースやコンテンツデザインと規格項目との対比を一つ一つ人手で確認していたため、検査時間が開発者や検査者のスキル、ノウハウに依存していました。また、人手での確認であるため、正確さや網羅性が十分ではありませんでした。本ツールにより、チェック漏れがなく正確、かつ短時間に検査をすることが可能となります。

近年、インターネットの普及が急速に進み、インターネットを利用した公共サービス・行政サービスの整備が進められています。こうしたサービスは、その公共性の観点から、あらゆる人が利用できる環境を整える必要があります。WEBコンテンツは、開発の手軽さや情報配信の容易性から、多くの場面で使われていますが、その手軽さのため、アクセシビリティへの対応が不足していました。

このたび開発したWEBサイト自動検査ツールは、IT技術のバリアフリー化を促進する技術としてNECがかねてから研究を進めていたもので、NECでは、JIS規格の制定に合わせていち早くWEBコンテンツ製品への適用を開始しました。このたび、WEBコンテンツのアクセシビリティについてJIS規格が制定されたことにより、今後はより多くの人がITによるサービスを受けられるための技術開発が求められます。

NECでは今後、本ツールを用いて当社のWEBコンテンツ製品のJIS規格への対応を進め、IT技術のバリアフリー化に向けた取り組みに注力していきます。

以上


<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

NEC コーポレート・コミュニケーション部 野村

電話: (03)3798-6613(直通)


NEC システム基盤ソフトウェア開発本部 福住

電話: (03)5476-1105(直通)

本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2004