NEC Empowered by Innovation NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社概要 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



家庭内やビル内での経済的なブロードバンド活用や、情報家電の普及拡大などを可能とする「高速電力線通信(PLC)」に関する実証実験を開始
〜業界最高レベルの200Mbpsの高速PLCモデムを用いた実証実験を実施〜

2004年07月12日

日本電気株式会社

NECは、電力線を活用してデータのやりとりを可能とし、家庭内やビル内などでの経済的なブロードバンド活用や、情報家電の普及拡大などを可能とする「高速電力線通信(PLC)」における「漏えい電界の低減技術」の実証実験を本年7月から開始することにいたしました。

本実証実験は、PLC関連の実証実験の中では最高レベルとなる200Mbpsの高速PLCモデムを使用し、電力線利用時に漏えいする電波を低減する技術の実証を行うものであります。NECでは、本年6月18日に近畿総合通信局から実験用設備の使用許可を得て、来年3月末まで実験を行う予定であります。

PLCは、既存の電力線を活用してデータのやりとりを実現するものであります。電気のコンセントのある場所なら、情報プラグを差し込むだけで、どこででも通信を行うことができるようになるため、集合住宅・家庭内・事務所ビル内などでの経済的なブロードバンド活用を実現することが可能となります。また、安全性の高い家庭内LAN構築を容易に実現することができるため、利便性の高さに加えて、情報家電の普及拡大を推進するものとしても期待されております。

現在、「e-Japan戦略II」における「新たなIT社会基盤整備」のテーマのひとつとして、PLCに関する規制緩和が検討されており、電力各社や通信機器メーカー、電機メーカーが実用化に向けた技術開発や実証実験を進めております。

NECも、こうした取り組みに積極的に関わるとともに、ブロードバンド活用の拡大により、豊かな社会の実現に向けて貢献するため、このたびの実証実験を行うことにいたしました。

以上


<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

NEC メディア・エネルギーソリューション事業部

電話: (03)3798-8749

本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2004