NEC Empowered by Innovation NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社概要 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



世界初のリアルタイム地球磁気圏シミュレーションシステム実現に貢献

2004年07月29日

日本電気株式会社

NECは、太陽風衛星データを利用したリアルタイム地球磁気圏シミュレーションシステムの開発とその定常運用化に貢献いたしました。

リアルタイム地球磁気圏シミュレーションシステムは、独立行政法人情報通信研究機構(以下NICT、理事長: 長尾 真)と九州大学(総長: 梶山 千里)が共同で開発した太陽風衛星データを利用したシステムであり、太陽活動の活発化による地球周辺の磁気圏の乱れや磁気圏内の擾乱などの予測を目的に、3次元シミュレーションによる地球磁気圏の全体像のリアルタイムでの常時モニターを可能としております。
本システムにより、太陽から地球までの宇宙空間における磁場擾乱の発生とその影響の解明に寄与し、より正確で定量的な磁気擾乱の予測、いわゆる宇宙天気予報が可能となります。

NECは、スーパーコンピュータ「SX-6」を導入し、実際の物理現象の変動に追随した計算が行えるようにシミュレーションの高速化を実現いたしました。また、計算結果をスーパーコンピュータ上でシミュレーションと同時進行で可視化(映像化)するNEC製ソフトウェア「RVSLIB」を利用し、物理現象のリアルタイムでの分析を可能といたしました。

なお、3次元シミュレーションによる地球磁気圏の全体像がリアルタイムで常時モニターが可能になったのは世界で初めてであります。

スーパーコンピュータ「SX-6」およびリアルタイム可視化ソフトウェア「RVSLIB」については補足資料をご参照ください。

以上


<この件に関するお客様からの問い合わせ先>

NEC HPC販売推進本部

電話: 042-333-6389


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2004