NEC Empowered by Innovation NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社概要 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



BIGLOBEが迷惑メール対策を強化
〜迷惑メールを大幅に削減〜

2004年09月09日

日本電気株式会社

NECのインターネットサービス「BIGLOBE」は、BIGLOBEメールサーバにおいて、迷惑メール送信者によるメールの同時大量送信を制限するとともに、差出人アドレスが存在しない偽装メールアドレスからのメール受信を拒否する「迷惑メール対策強化」を本日より実施いたしました。

この度の強化の概要は以下の通りであります。

  1. 同一IPアドレスからの同時大量メール送信対策

    迷惑メール送信者は、短時間で大量のメールを送信するため、メールサーバに対して通常利用の範囲を大幅に超えた大量のメール送信要求を同時に出します。今回の強化では、同一IPアドレス(注1)からの同時メール送信要求数に上限値(注2)を設定し、迷惑メール送信者によるメールの同時大量送信を制限いたします。これにより、同時大量送信による迷惑メールを約9割削減することができると見込んでおります。

  2. 差出人アドレスチェックの強化

    BIGLOBEのメールサーバが受信した迷惑メールのうち、約3割は存在しない偽装された差出人アドレスから送信されたものであります。そのため、今回の強化では差出人アドレスが偽装されたメールアドレスから送信されたメールを迷惑メールと判断し、BIGLOBEのメールサーバにて受信を拒否いたします。具体的にはDNS(注3)に登録されていないドメイン名(注4)からのメールを受信拒否いたします。

近年、迷惑メールの増加に伴いその被害も拡大しており、脅迫的な内容で不当な料金の支払いを求める架空請求メールや偽装メールによりメール受信者の個人情報などを引き出すフィッシング詐欺など、その被害は深刻化しつつあります。

BIGLOBEでは、今年6月に連続メール送信や入会直後一定期間のメール送信数を制限する「大量迷惑メール送信対策」を実施するなど、これまでも迷惑メール対策に積極的に取り組んでまいりました。今回の対策強化は、これまでに蓄積した迷惑メール送受信パターンの分析結果に基づいて行うものであり、同時大量送信による迷惑メール送信及びBIGLOBEメールユーザ宛の迷惑メールを大幅に削減できるものと見込んでおります。また、迷惑メール送信制限にいちはやく取り組むことで、BIGLOBEユーザのみならず、すべてのインターネットユーザに快適なメール利用環境を提供することが可能であります。

BIGLOBEでは、安心して快適にプロードバンドコンテンツやサービスを利用可能にするための強化を「ブロードバン度100%」をスローガンとして展開し、メールサービス・セキュリティ対策などの基本サービスやブロードバンドコンテンツ・サービスを今後も順次強化してまいります。

以上


(注1) ネットワークに接続されたコンピュータに割り振られた識別番号
(注2) 同時メール送信要求数の上限値については一般的なBIGLOBEメール利用者に影響のない数値を選択している。
(注3) IPアドレスとホスト名の対応付けを行うデータベース
(注4) メールアドレスの@マークの右側部分

<参考URL>

http://email.biglobe.ne.jp/


<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

NEC BIGLOBEカスタマーサポート

TEL: (0120)86-0962
http://support.biglobe.ne.jp/ask.html


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2004