NEC Empowered by Innovation NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社概要 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



イタリアの研究組織CASPURからSX-6を受注

2004年09月17日

日本電気株式会社

NECはこのたび、イタリアの研究組織CASPUR(Interuniversity Consortium for supercomputing applications for University and Research:カスプール)からベクトル型スーパーコンピュータ「SX-6」を受注し、9月より稼動いたしました。

CASPURは、イタリア中部・南部の5都市(Rome, Viterbo, Bari, Lecce, Foggia)にある8つの大学とローマの研究機関(Science of Motion)から構成された組織で、1992年に設立されました。研究分野として、計算化学とバイオインフォマティクス、計算物理学、流体力学、材料科学分野の研究を行っています。他のイタリア国内の多数の研究機関(原子物理学、エネルギー&環境、地球物理学、火山学、造船学など)にコンピュータパワーも提供しており、イタリアの先端技術研究の中心的な役割を果たしています。
今回導入されたベクトル型スーパーコンピュータ「SX-6/8A」(最大ベクトル性能:72GFLOPS、主記憶容量:64Gバイト、ディスク容量:2Tバイト)は、計算化学、計算流体力学、計算材料科学、海洋モデリングなど、多種の研究分野関連の様々なコードからなるベンチマークを実施した結果により、実効性能の良さとスケーラビリティが証明され、導入が決定されました。

CASPURにおける先端技術の研究に関する解析には、高速の演算能力と大容量の記憶容量を有するベクトル型スーパーコンピュータが不可欠となり、本研究所にとって初めてのベクトル計算機の導入となりました。

NECでは、2003年9月18日より、最大ベクトル性能が9.2テラフロップスのベクトル型スーパーコンピータ「SX-6」を強化し、販売活動を行っております。既に、国内外で気象・気候・航空宇宙の研究機関、自動車分野などを中心に300台を超える受注を獲得しております。
ベクトル型計算機は、CPU性能に応じた大規模メモリとCPU間のデータ転送能力が高く、大規模計算における高い実効性能の実現を特徴としています。「SX-6」では、最先端の高性能DRAMと高速メモリネットワーククロスバスイッチを採用して高い計算効率を達成しております。

以上


<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>

NEC HPC販売推進本部

電話: (03)3798-9131(直通)
E-mail: info@hpc.jp.nec.com


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2004