NEC Empowered by Innovation NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社概要 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



世界最高速のベクトルスーパーコンピュータ「SXシリーズ モデルSX-8」の発売について

2004年10月20日

日本電気株式会社
スーパーコンピュータSXシリーズ「モデルSX-8(マルチノードシステム」
スーパーコンピュータSXシリーズ
「モデルSX-8(マルチノードシステム」

NECはこのたび、演算性能が最大65テラフロップス(TFLOPS: 1秒間に1兆回の計算性能)と、ベクトル型で現在世界最高速のスーパーコンピュータ「SXシリーズ モデルSX-8」を製品化し、世界同時に販売活動を開始いたしました。
新製品は、地球シミュレータで実証された高い実効性能のベクトルアーキテクチャを継承し、CPU、メモリ、I/O処理性能を強化したものであり、SX-6で実現した1チップベクトルプロセッサをさらに進化させ、大幅なコストパフォーマンスの向上と省スペース化を実現しています。
専用CPUと大規模メモリ、メモリ-CPU間での高いデータ転送能力を有するベクトル型スーパーコンピュータ「SXシリーズ モデルSX-8」は、汎用CPUを多数搭載するスカラー型に比べ、大規模、大容量データの超高速計算が必要な気象予報・環境シミュレーションや自動車の衝突解析などの分野において、高い実効性能を発揮いたします。

このたびの新製品の主な特長は次の通りであります。

  1. 最大65テラフロップスの世界最高の性能を実現

    シングルノード(最大8台のCPU構成)は最大ベクトル性能で128ギガフロップス(GFLOPS:1秒間に10億回の計算性能)を実現し、このノードを最大512ノードのマルチノード構成とすることにより、最大65テラフロップスと世界最速の性能を実現している。
    また、メモリ容量を最大64テラバイト(1ノードあたり最大128ギガバイト)と大容量化(従来は16テラバイト)するとともに、CPUとメモリ間のデータ転送速度が最大262テラバイト/秒(従来は36.8テラバイト/秒)と高スループットを実現している。

  2. SX-6で実現した1チップベクトルプロセッサがさらに進化

    最先端の90ナノメートル(nm:10億分の1メート)銅配線を採用したCMOS LSI技術と最先端LSI設計技術により、ベクトルプロセッサ(ベクトルユニットおよびスカラユニット)を1チップ化している。ベクトルプロセッサの中枢部であるベクトルユニットのパイプライン部は従来に比べ2倍に高速化した2GHzのクロック周波数で動作し、CPU当たり 最大ベクトル性能16ギガフロップスという高い演算性能を実現している。 さらに、ベクトル平方根演算機能をハードウェアで実現することにより、平方根の演算が従来機種に比べ6倍の高い性能を実現している。

  3. 優れた設置性と運用性

    プロセッサと主記憶を1モジュール上に集約するパッケージング技術により、従来機に比べて約4分の1以下の省スペース、2分の1以下の省電力化を実現している。

  4. 大規模マルチノードシステムに対応したソフトウェア環境

    基本ソフトウェアの「SUPER-UX」では、従来機との上位互換性を維持し、I/O処理強化、並列処理のためのライブラリであるMPI(Message Passing Interface)強化し、さらなるスケーラビリティの拡大を行っている。
    また、コンピュータの複数ノード間、あるいは異機種間において、高速にファイルを共有できるグローバルファイルシステム(GFS)の強化も行っている。ユーザは、GFSを利用することにより、ローカルディスクに近い高性能で共有ファイルへのアクセスが可能になるだけでなく、NFS(ネットワークファイルシステム)と同様にSUN、HPなど他社プラットフォームからでもGFSの高性能機能を使うことが出来る。


SX-8の販売価格はレンタル月額で約117万円(税別)からとなっており、出荷開始予定時期は本年12月末であります。

NECでは今後3年間で国内海外合わせて700台以上の販売を見込んでおります。SXシリーズは、昭和58年、世界で初めて1ギガフロップスを超える性能を実現した「SX-2」を発売して以来、その高い実効性能と優れた価格性能比により、SXシリーズ全体で700台以上の受注を達成しております。

スーパーコンピュータは、ナノテクノロジーによる高機能性材料開発などのような先端技術開発を始め、気象予報、地球環境シミュレーション、核融合等のエネルギー開発、航空機・宇宙開発などにおける大規模の科学技術計算・シミュレーションや、自動車設計、エレクトロニクス製品開発といった産業界における技術開発等、さまざまな分野で活用されております。
近年、解決すべき問題がより大規模化していく一方で開発期間の短縮が求められ、コンピュータによる問題解析や設計の高速化、最適化に対する要求がよりいっそう厳しくなっています。このため、スーパーコンピュータの高速化に対するニーズがますます高まっております。
NECではこのようなニーズに応えるため、性能を大幅に向上させ、大規模・大容量の科学技術計算においてスカラーサーバよりもコストパフォーマンスの優れた新しいベクトルスーパーコンピュータを製品化したものであります。

新製品の仕様の詳細につきましては、別紙をご参照下さい。

以上


<参考>
ベクトル型スーパーコンピュータ:
  ベクトルプロセッサという科学技術計算専用の高速プロセッサを搭載し、一つのベクトル命令で配列要素を一括処理することにより流体解析などの複雑な大規模計算を高速処理できるスーパーコンピュータ。
スカラ並列型スーパーコンピュータ:
  ビジネス処理用プロセッサと共通の汎用的なプロセッサを多数並列接続することで高速処理を実現する方式で、遺伝子解析など多数の業務の同時処理や粒子計算など並列化が容易な計算に適しているスーパーコンピュータ。

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

HPC販売推進本部

電話: (03)3798-9131
E-Mail: info@hpc.jp.nec.com


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2004