NEC Empowered by Innovation NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社概要 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



Microsoft(R) Project Server 導入サービスの開始について

2004年11月05日

日本電気株式会社

NECはこのたび、ソフトウェア開発や組込みソフトウェア開発などのプロジェクトの進捗状況、コスト、リソースの管理を効率的に行うためのERPソフト「Microsoft(R) Project Server」を活用して、組織および運営の現状診断や改善提案をはじめとした導入コンサルティングから、システム設計、構築、教育、運用までを行うトータルサポートサービスの提供を本日から開始いたしました。

新サービスの価格は、1サーバに対し、クライアント側のソフトであるMicrosoft(R) Project Professionalユーザ50名、およびMicrosoft(R) Project Web Accessユーザ150名の基本構成の場合、教育研修を含み約900万円であります。
NECでは今後3年間で50ユーザへの提供を見込んでおります。

新サービスの特長は、以下のとおりであります。

  1. 効率的な運用を念頭とした導入コンサルティングの実施

    導入を支援するため、ユーザのプロセス改善やプロジェクトマネジメント改革検討に参画すること並びに現状診断により、組織やプロジェクトの強みと弱みを特定し改善方針を提案。また、ユーザの運用に合わせてパラメータを設定し、その情報に基づき、ユーザ用の操作手順マニュアル、画面説明ガイドを作成。

  2. ユーザの運用に合わせて機能追加サービスを実施

    Microsoft(R) Project Serverの基本機能に含まれない品質管理機能、リスク管理機能、成果物進捗管理機能などをユーザの運用に併せて開発し基本機能に追加。これにより、ユーザのプロジェクトマネジメント全般を包括するシステムを構築できるため、一層効果的な運用が可能。

  3. 効果的な活用方法を習得する研修を実施

    クライアントソフトであるProject Professional、Project Web Access各ソフトの特性を学び、Microsoft(R) Project Server の操作を体系的に理解することで、計画立案やリソース管理といった基本機能を充分に使いこなすスキルを修得する研修を実施。また、ユーザの個別システムに合わせた研修も併せて実施することにより、現場での実践的な活用方法を習得することが可能。


近年、ビジネスを成功させるには、個別のプロジェクトを成功させるだけではなく、企業全体で複数のプロジェクトを最適化していくことが大きな要因となっております。
プロジェクトを適切にマネジメントするには、日程表の作成や進捗状況管理だけでは不十分で、期間、人員、予算という要素についての最適化が必須となっており、市場からは複雑に絡み合う要素を簡単に最適化し、プロジェクト全体のシミュレーションや管理を実現するサービスが求められております。
そうした中、NECでは従来から培ってきたISO9000やCMM(R)/CMMI(R)()のプロセス改善コンサルティングのノウハウを活かすとともに、「Microsoft(R) Project Server」を活用した組織全体のマネジメント手法を提供することにより市場ニーズに応えてまいります。
NECでは今後とも、ユーザニーズに即したソリューションを提供してまいります。

以上


(注) Capability Maturity Model
ソフトウェアの開発能力を客観的に示す品質管理基準。主にスケジューリングやマネジメントの能力を評価するモデルで、マネジメントが成立していないレベル(レベル1)からプロジェクトの最適化を図れるレベル(レベル5)まで、5段階に分かれている。アメリカでは国防総省がソフトウェアの開発案件に入札するための条件としてCMMレベル3を要求している。

<本件に関する一般のお客様からの問合せ先>

NEC Eラーニング事業部

電話: (03)5232-3080


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2004