NEC Empowered by Innovation NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社概要 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



最新インテル(R)Itanium(R)2プロセッサを搭載したスカラサーバ「TX7シリーズ」及びブレードサーバ「Express5800/1020Ba」の製品強化について

2004年11月09日

日本電気株式会社
「TX7シリーズ<左からi6010/i6510/i9010またはi9010>」
「TX7シリーズ<左から i6010 / i6510 / i9010またはi9010>」
「Express5800/1020Ba」 「Express5800/1020Ba(ラック搭載時)」
「Express5800/1020Ba」 「Express5800/1020Ba
(ラック搭載時)」

NECはこのたび、科学技術計算用に最新の64ビット対応「インテル(R)Itanium(R)2プロセッサ」(注1)を搭載したスカラサーバ「TX7シリーズ」4機種およびブレードサーバ「Express5800/1020Ba」の製品強化を行い、本日から販売活動を開始いたしました。
「TX7シリーズ」は、電気回路設計用CAD、分子化学、構造解析、機械設計、流体解析などを中心とする科学技術計算分野に最適な高性能サーバ製品として提供いたします。また、「Express5800/1020Ba」は特に高成長が期待されているグリッド市場向けや、並列処理を必要とするバイオビジネス分野、自動車産業などの製造業におけるCAE解析など、コストパフォーマンスに優れた計算サーバとして提供いたします。

このたびの製品強化の概要は次の通りであります。

  1. スカラサーバ「TX7シリーズ」

    最新の「インテル(R)Itanium(R)2プロセッサ(1.6GHz、9MBキャッシュメモリ)」を最大16個搭載可能であり、従来モデルに比べ、プロセッサの実装密度を最大2倍に高めることが可能なラックマウント型の「TX7/i6510」を新たにラインナップに追加する。
    また、併せて、独立筺体で「インテル(R)Itanium(R)2プロセッサ」を最大32個搭載可能な「TX7/i9510」、最大16個搭載可能な「TX7/i9010」、ラックマウントで最大8個搭載可能な「TX7/i6010」の製品強化を実施している。
    なお、OSには従来の製品同様、Linux(注2)とHP-UX 11iV2(注3)を採用している。

  2. ブレードサーバ「Express5800/1020Ba」

    最新の「インテル(R)Itanium(R)2プロセッサ(1.6GHz、9MBキャッシュメモリ)」を最大2個搭載可能であるとともに、ブレードサーバ間の接続には最大10Gbpsの通信が可能な高速インターコネクトInfiniBandを採用し、多数のノードを使用する並列計算用途で優れた実効性能を発揮する。
    高速プロセッサと高速インターコネクトをサポートしたブレードサーバを標準19インチラック筐体に高密度に実装することで、2メートルラックの筐体2台(2CPU搭載のブレードサーバを72台収納)で論理ピーク性能1テラフロップス(TFLOPS)に迫る、921.6ギガフロップスを実現し、省スペース、高効率な科学技術演算用システムを構築することができる。
    なお、OSにはLinuxを採用している。


このたびの製品の標準価格、出荷開始時期は次の通りであります。

製品名 標準価格(カッコ内は税込価格) 出荷開始時期
TX7/i6010
761万円 (799万円)
2004年12月末
TX7/i6510
1,171万円 (1,229万円)
TX7/i9010
2,115万円 (2,220万円)
TX7/i9510
3,415万円 (3,585万円)
Express5800/1020Ba
177万円 (185万円)

以上


(注1) インテル、Itaniumは、米国インテル社の登録商標。
(注2) Linuxは、Linus Torvaldsの米国およびその他の国における登録商標あるいは商標。
(注3) HP-UXは、米国Hewlett-Packard Companyの登録商標。

<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>

HPC販売推進本部

電話: (03)3798-9131
E-Mail: info@hpc.jp.nec.com


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2004