NEC Empowered by Innovation NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社概要 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



カナダ向けにスーパーコンピュータ SX-6を納入

2004年11月24日

日本電気株式会社

NECはこのたび、Cray社(社長:James E. Rottsolk氏)経由でカナダ オラノスコンソーシアム(Ouranos Consortium 以下 オラノス)及びビクトリア大にNEC製ベクトル型スーパーコンピュータ SX-6を納入いたしました。

このたび、オラノス向けに納入したのは、[SX-6/5A](最大ベクトル性能:45GFLOPS-1秒間の450億個の浮動小数点演算を実行可能、主記憶容量:32GB)2システムであります。なお、2005年2月には、両システムとも「SX-6/8A」(最大ベクトル性能:72GFKOPS)に増設される予定であります。
一方、ビクトリア大学向けには、「SX-6/8A」(最大ベクトル性能:72GFLOPS-1秒間に720億個の浮動小数点演算を実行可能、主記憶容量:32GB)4式を納入いたしました。

オラノスは、北米地域の気象変動がもたらす諸問題を調査するため、2002年に設立されたコンソーシアムであり、ケベック州の気候関連主要機関や大学など、100人以上の科学者、気象の専門家から構成されております。
オラノスでは、過去の気象データベース構築やカナダ地域の気候モデル開発、気候シミュレーションの研究、中長期気候シナリオの創造、気候予想、気候変動の統計的な解析方法の開発など様々な取り組みを行っておりますが、今回のシステム導入により、同コンソーシアムは、既存のスカラ型スーパーコンピュータで50時間を要した気候モデリングが40分で解析できると見込んでおります。

ビクトリア大学向けのシステムは、同大学地球海洋科学学校に設置され、カナダ西部の気候研究に活用される予定であります。同大学では、最近実施した2万年分の気候シミュレーションが、既設のコンピュータシステムで6ヶ月を要していたのが、SX-6では1週間で解析可能となり、約20倍の速さで実現するものと見込んでおります。

ベクトル型計算機は、CPU性能に応じた大規模メモリとCPU間のデータ転送能力が高く、大規模計算における高い実効性能を実現しておりますが、SX-6は、最先端の高性能DRAMと高速メモリネットワーククロスバスイッチを採用して高い計算効率を達成しております。

NECでは、既に、国内外で気象・気候・航空宇宙の研究機関、自動車分野などを中心にSX-6を300台以上受注しております。これらの実績を足掛かりに、先般新たに発表いたしましたべクトル型スーパーコンピュータ「SX-8」の北米での販売に一層強化していく所存であります。

以上


<参考>

ベクトル型スーパーコンピュータ:
  ベクトルプロセッサという科学技術計算専用の高速プロセッサを搭載し、一つのベクトル命令で配列要素を一括処理することにより流体解析などの複雑な大規模計算を高速処理できるスーパーコンピュータ。
 
スカラ並列型スーパーコンピュータ:
  ビジネス処理用プロセッサと共通の汎用的なプロセッサを多数並列接続することで高速処理を実現する方式で、遺伝子解析など多数の業務の同時処理や粒子計算など並列化が容易な計算に適しているスーパーコンピュータ。

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

HPC販売推進本部

電話: (03)3798-9131
E-Mail: info@hpc.jp.nec.com


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2004