NEC Empowered by Innovation NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社概要 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



お客様企業のセキュリティ強化と運用工数の削減を実現するため、「UNIVERGE」製品に関するセキュリティ運用監視サービス6種の提供を開始
〜IT・ネットワーク統合ソリューション「UNIVERGEソリューション」を強化〜

2004年11月25日

日本電気株式会社

NECはこのたび、IP電話システムをはじめとするIT・ネットワーク統合ソリューション「UNIVERGE(ユニバージュ)ソリューション」を強化するため、「ワーム防御システム運用監視サービス」や「SSL-VPN運用監視サービス」などの新サービス6種をはじめとする「UNIVERGE」運用支援サービスをメニュー化し、本日から販売活動を開始いたしました。

このたび提供を開始する新サービス6種は、NECのセキュリティ運用サービス「ActSecure(アクトセキュア) セキュリティ運用サービス」に位置づけられるものであり、お客様企業におけるセキュリティ強化と、システム導入後のセキュリティ運用工数の削減を実現するものであります。
またNECでは、「UNIVERGE」運用支援サービスのメニュー化により、「UNIVERGEソリューション」について、導入前のコンサルティングからシステム構築、システム構築後の運用・保守までの総合的な対応を可能といたします。さらに、これまで提供してきたIP電話の運用監視サービスに加え、ネットワーク監視、サーバ監視、アプリケーション監視、セキュリティ監視まで、サービス対象領域の拡充を実現いたします。

このたびのサービス強化の主な特長は以下の通りであります。

1. セキュリティ運用監視サービス6種を新たに提供
「UNIVERGE」製品に関するセキュリティ運用監視サービスとして、以下の6種を新たに提供する。これにより、ワーム対策・暗号化通信・不正アクセス防止など、お客様企業におけるセキュリティ強化や、セキュリティ運用の効率化/工数削減などを実現することができる。
 
(1) ワーム防御システム運用監視サービス (提供価格:月額20万円〜)
お客様企業内に設置したワーム防御システム「WormGuard(ワームガード)」の稼動状況の監視や設定変更などを代行し、お客様企業におけるワーム感染や社外へのワーム拡散の防止を実現するサービス。
 
(2) SSL-VPN運用監視サービス (提供価格:月額17万円〜)
お客様企業内に設置したSSL-VPNシステム「SAFEBORDER(セーフボーダー)」の利用者追加や設定変更、稼動状況の監視などを代行し、安定的かつ安全な企業内通信を実現するサービス。
 
(3) コンテンツフィルタ運用監視サービス (提供価格:月額10万円〜)
業務に関係のないWebサイトの閲覧を防止する「コンテンツフィルタサーバ」の稼動状況の監視や、閲覧を禁止するWebサイト情報のデータベース更新確認、Webサイトの閲覧履歴の分析などを代行するサービス。
 
(4) Webサーバ管理サービス (提供価格:月額9万円〜)
お客様企業のWebサーバの稼動状況の監視をはじめ、コンテンツの改ざん検知/復旧、分散バックアップなど、Webサーバに関する管理業務全般を支援するサービス。
 
(5) ホストセキュリティ診断サービス (提供価格:4万円〜)
お客様企業内のサーバについて、ログイン設定・パスワード設定・セキュリティパッチ適用状況など、約200項目を検査し、ネットワークを介したリモート診断では見つからないセキュリティ上の脆弱性を診断するサービス。
 
(6) Webアプリケーション診断サービス (提供価格:176万円〜)
お客様企業において運用されているWebサーバ上のアプリケーションやコンテンツの脆弱性を診断し、情報漏えいや不正操作の可否を検査・報告するサービス。
 
2. ISMSを取得した運用監視センターにより24時間365日の運用監視を実施
「ActSecure セキュリティ運用サービス」では、お客様企業内に設置されたセキュリティ機器やWebサーバなどを、NECの「ネットワークマネジメントサービスセンター(NMSC)」から24時間365日体制で運用監視を行なう。同センターでは、情報セキュリティ関連の第三者適合性評価制度「ISMS」(注1)を取得しており、お客様企業に対して、安心かつ信頼性の高い運用サービスの提供を実現することができる。
 
3. セキュリティのみならず、VoIP監視からアプリケーション監視までを総合的に支援
NECでは、「ActSecure セキュリティ運用サービス」に加えて、(1)SIP(注2)サーバ「UNIVERGE SV7000」を活用したIP電話システムの音声品質や音声トラフィックの監視を行なう「VoIP監視サービス」、(2)企業内ネットワークの障害監視・管理やパフォーマンス管理などを行なう「ネットワーク監視サービス」、(3)お客様企業のサーバの稼動状況やアプリケーション監視などを行なう「サーバ監視サービス」などをメニュー化したサービス体系「ActWatch(アクトウォッチ) ネットワーク運用サービス」を用意している。
これにより、セキュリティのみならず、VoIP監視からアプリケーション監視まで、UNIVERGEを活用したシステムの運用を総合的に支援することができる。

NECでは、「UNIVERGE」運用支援サービスについて、今後3年間で300ユーザへの提供を見込んでおります。

ブロードバンド環境の普及拡大にともない、データ系ネットワークと音声系ネットワークを統合することで、内線電話を含めたネットワーク関連のTCO削減の実現を求める企業が増えております。のみならず、ブロードバンドと情報システムの連携を図るとともに、ユビキタス時代の到来をにらんで、いつでも・どこでも仕事ができる環境を実現することで、業務の効率化や知的生産性の向上、意思決定の迅速化などの実現へと企業のニーズが拡大しつつあります。
一方、業務を安定的に遂行する上で、ネットワークセキュリティに対する重要性も高まっております。
NECでは、こうした市場ニーズに応えるため、セキュリティ運用サービスをはじめとした「UNIVERGE」運用支援サービスをメニュー化することにいたしました。

NECでは、IP電話システムをはじめ、長年培ってきた音声通信技術やコンピュータ技術などを活用し、ITシステムと通信ネットワークの一体化を図った「UNIVERGEソリューション」の提供を通じて、お客様企業のコミュニケーション革命や知的生産性向上などへの貢献を目指しております。こうした取り組みの結果、2003年の国内SIPサーバ市場において、NECが64%のトップシェアを獲得いたしました(注3)。また、「ActSecure セキュリティ運用サービス」のセキュリティ診断サービスをこれまでに10万台以上のサーバに適用した実績を有するとともに、「ActWatch ネットワーク運用サービス」の監視対象機器が1万台を超えるなど、豊富な運用サービス提供実績を有しております。
NECでは、こうした実績に基づいた「UNIVERGE」運用支援サービスの提供により、「UNIVERGEソリューション」の強化・拡大を推進してまいります。

以上


(注1) ISMS;Information Security Management System
企業や組織が情報セキュリティのマネジメントを確立し、運営するための枠組み。ISMS適合性評価制度は、国際標準に基づいた情報セキュリティ管理に関する認証制度であり、ISMS認証基準に適合していることを審査機関が審査、認定する。
(注2) SIP;Session Initiation Protocol
VoIPを応用したインターネット電話などで利用される、国際標準規格の通話制御プロトコル。
(注3) 富士キメラ総研調べ。


<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

NEC UNIVERGEソリューション推進本部

電話: (03)3798-4931
eメール: act_os@nws.jp.nec.com


<UNIVERGEに関する情報提供>

http://www.sw.nec.co.jp/univerge/


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2004