NEC Empowered by Innovation NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社概要 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



ライン型指紋センサの開発について
〜乾燥指や湿潤指に対応した「指内散乱光直接読取方式」を採用〜

2004年12月01日

日本電気株式会社
「ライン型指紋センサ」
「ライン型指紋センサ」

NECはこのたび、キヤノン株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:御手洗 冨士夫)と共同で、独自の読み取り技術である「指内散乱光直接読取方式(※注)」を採用したライン型指紋センサの開発に成功いたしました。今回開発したライン型指紋センサの主な特長は、次の通りです。

  1. 指紋センサの小型化を実現

    従来の2次元エリア型指紋センサに比べ、ライン型を採用したことにより大幅な小型化を実現した。小型ながら世界最高レベルの認証精度を有しており、PDAやUSBメモリ等の小型情報機器、ロッカーやキャビネ等にも組み込みが可能なため、適用製品が拡大した。

  2. 指内散乱光直接読取方式を採用

    NECの独自技術である「指内散乱光直接読取方式」の採用により、読み取りにくい乾燥指や湿潤指においても隆線を鮮明に読取ることができる。また、本方式は光学式の利点を持ちながら、衝撃、外乱光に強く、屋外での利用も可能である。
    加えて、照合技術には独自の照合アルゴリズム「特徴点とリレーション方式」を採用しており、他人許容率0.00001%以下(1000万回に1回以下)という高照合精度を実現している。

  3. 高解像度を実現

    小型ながら800DPIと高解像度のため、隆線ピッチが狭い、細い指(女性・子供など)の指紋にも対応している。これにより、一般家庭における玄関や家電製品など日常生活分野においても活用することができる。


NECでは本センサを搭載した製品を来年度第一四半期より出荷を予定しており、年間5万台の販売を見込んでおります。

近年、個人情報漏洩に対する対策やプライバシーマーク取得など、企業におけるセキュリティ対策にはますます高い関心が寄せられ、厳密な本人確認を実現するために、バイオメトリクスを用いた本人認証が注目を集めています。中でも指紋を利用した本人確認はその確実性が評価され、応用領域も広がってきています。 このような中、市場からは、どのような状態の指でも指紋を読取ることができる、小型で安価な指紋センサを求める声が高まっておりました。このたび開発した新製品は、こうしたニーズに応えるものであります。

NECは指紋認証技術の開発において長い経験と豊富な実績をもち、世界最高水準の照合精度をほこる照合技術と、指の状態にかかわらず指紋を正確に読取ることができる指紋センサ技術を有しております。こうした技術力が評価され、これまでに累計で10万台を超える多くの販売実績を有しておりますが、今回、さらに適用製品を広げるために、ライン型指紋センサを新たに開発したものであります。

なお、今回開発した指紋センサは、平成16年12月1日から3日まで、東京ビッグサイトで開催される「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2004」に出展致します。

以上


※注: 指に光を直接照射し、指内部に散乱する光を直接イメージセンサで読取る方式

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

第一ソリューション営業事業本部
セキュリティソリューション営業部 諏訪多

電話: (03)3798-2940
E-mail: SecureFinger@pid.ho.nec.co.jp


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2004