NEC Empowered by Innovation NEC
検索  キーワード検索の文字入力 検索範囲の選択 by Google
ホーム ニュース 会社概要 商品 ソリューション ダウンロード サイトマップ
現在のページの位置: ホーム > プレスリリース > 記事

プレスリリース



各省庁が策定した個人情報保護ガイドラインに対応する「個人情報保護ソリューション」の強化について
〜情報漏えい対策機能を強化したセキュリティソフト2製品をあわせて提供〜

2005年01月31日

日本電気株式会社

NECはこのたび、「個人情報保護ソリューション」について、本年4月に完全施行される個人情報保護法に関連して経済産業省や金融庁など各省庁が所管業界向けに策定したガイドラインに対応するアセスメントサービスや監査サービスの提供、ならびに社内の各パソコンにおける情報漏えい対策ソフトの導入状況の一元管理を可能とするセキュリティソフトの提供などの総合的な強化を図り、本日から販売活動を開始いたしました。

「個人情報保護ソリューション」は、各企業が個人情報保護法に対応するためのビジネスプロセス全般を見直すコンサルティングからシステム構築、運用支援までを統合的に支援するものであり、このたびの主な強化内容は以下の通りであります。

1. アセスメントサービス「個人情報保護クリニック」の拡充
個人情報保護法への各企業の対応状況を評価するアセスメントサービス「個人情報保護クリニック」について、(1)各省庁が策定したガイドラインに対応しているかを評価する「個人情報保護クリニック強化版」と、(2)中堅・中小企業向けに専用ツールを利用して低価格にて評価を行なう「個人情報保護クリニック簡易版」を新たに提供してサービスメニューを拡充する。
 
2. 「個人情報保護総合監査サービス」の新規提供
各企業が実施している個人情報保護法対策について、(1)各省庁が策定したガイドラインに適しているか、(2)不正侵入対策が適切になされているか、(3)業務委託先を含めた運用体制が正しく機能しているか、などについて総合的かつ定期的に監査を行なう「個人情報保護総合監査サービス」を新たに提供する。
 
3. 情報漏えい対策機能を強化したセキュリティソフト2製品の提供
(1) サイバーアタック対策システム「CapsSuite(キャップス スイート) V4.0」の製品化
社内の各パソコンに導入されている情報漏えい対策ソフトの情報を自動的に収集・一元管理することで、情報漏えい対策ソフトの導入やバージョンアップの徹底を効率的に実施する機能や、認証における国際標準規格「IEEE 802.1x」(注1)を利用することで、既存のネットワーク構成を変更せずに社内ネットワークへのウイルス持ち込みを防止する検疫機能などを強化した「CapsSuite V4.0」を新たに提供する。
 
(2) 情報漏えい対策スイート「InfoCage(インフォケイジ) V1.1」の製品化
外部記憶媒体への保存や印刷などの持ち出し操作を制限するアプリケーションとして「Microsoft Office 2003」、「Adobe Reader 6.0.3」、「Obbligato II R6.2」(注2)などを追加した「InfoCage/持ち出し制御V1.1」を新たに提供する。また、機密ファイルに対する操作履歴を記録する「InfoCage/ファイル操作監視 V1.1」を新たに提供する。

「個人情報保護ソリューション」にて新たに提供する各種製品・サービスの価格および出荷開始時期は以下の通りであります。

製品・サービス名 価格(税別) 出荷開始時期
個人情報保護クリニック強化版 140万円〜 1月31日
個人情報保護クリニック簡易版 50万円〜 1月31日
InfoCage導入支援コンサルティング 120万円〜 1月31日
個人情報保護総合監査サービス 300万円〜 3月1日
ログ解析サービス 個別見積もり 3月1日
CapsSuite V4.0 336万円〜 3月30日
InfoCage/持ち出し制御 V1.1 39万8000円〜 1月31日
InfoCage/ファイル操作監視 V1.1 40万2000円〜 2月15日

NECでは、「個人情報保護ソリューション」について、今後3年間で500ユーザへの販売を見込んでおります。
昨今、個人情報の漏えいに関する大規模な事件が多発しており、2003年度の1件あたりの平均損害賠償額は約5億5000万円に達するなど損失額も拡大しております(注3)。こうした状況を踏まえて、本年4月には企業に個人情報の適切な取り扱いを義務付けた個人情報保護法が完全施行されます。また、個々の業界・事業者が具体的にどのような対応を行なえば良いかのマニュアルとして各省庁が順次ガイドラインを策定しており、各企業においてはガイドライン対応への取り組みが本格化しつつあります。
このたびの「個人情報保護ソリューション」の強化は、こうした市場動向を踏まえたものであります。

「個人情報保護ソリューション」強化の概要については別紙をご参照ください。

以上


(注1) LAN内のユーザ認証の方式を定めた国際標準規格。無線LANでのユーザ認証の仕様として広く利用されている。認証されていないクライアントからの通信をすべて遮断し、認証されたユーザにのみ通信を許可する 。
(注2) NECのCPC/PLMソリューションの中核製品であり、製品開発の迅速化や効率化を実現するパッケージ製品。
(注3) 日本ネットワークセキュリティ協会の調査報告より引用。

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

NEC ニューソリューション開発事業部

電話: (03)3798-1877
eメール: solution@security.jp.nec.com


本文ここまで
ページトップに戻る
プレスリリーストップに戻る
Copyright© NEC Corporation 1994-2005